9/14日にマザーズ新規上場 串カツ田中[3547]は買いか?

串カツ田中が2016年9月14日にマザーズ市場へ上場する。串カツといえば大阪の伝統的なB級グルメ。串カツ田中は「ソース二度づけ禁止」を謳い文句に東京を中心に店舗拡大を続けている大衆向け居酒屋チェーンだ。自分も”*田中割り”のキャンペーンの時に行ったことがあり満足度の高い居酒屋だったことを覚えている。

*田中割り:苗字が田中だと料金が割り引かれる。田中を連れて行くほど安くなる不思議なサービス

串カツ田中の経営戦略

展開の基点は東京

平成14年の創業から徐々に店舗を増やし現時点で120店舗営業している。そのうち大阪にある店舗数は実はたったの5店舗。ほとんどの店舗は東京にある。串カツ競合店の少ない東京でプチ関西気分を安く味わえる居酒屋として人気を獲得しているのだ。

20130509120910f4d

広い間口とガラス窓によって賑やかな様子が外から見える。店内の装飾をシンプルに個室や席の間仕切りを設けないことで大阪下町の大衆居酒屋を演出することにこだわっているのだとか

決算から見る急成長

前期 2期前 3期前
決算期 2015年11月期 2014年11月期
会計方式
決算発表日
決算月数 12か月 12か月
売上高 2,510百万円 1,360百万円
営業利益 201百万円 166百万円
経常利益 267百万円 176百万円
当期利益 183百万円 120百万円
EPS(一株当たり利益) 153.28円 258.71円
調整一株当たり利益 ‐円 ‐円
1株配当 0.00円 0.00円
配当区分
BPS(一株当たり純資産) 418.06円 264.78円
発行済み株式総数 240千株
総資産 2,034百万円 1,413百万円
自己資本 501百万円 317百万円
資本金 20百万円 20百万円
有利子負債 970百万円 795百万円
自己資本比率 24.6% 22.4%
ROA(総資産利益率) 10.62% 8.49%
ROE(自己資本利益率) 44.74% 37.85%
総資産経常利益率 15.49% 12.46%

引用元(http://profile.yahoo.co.jp/independent/3547)

飲食企業としては非常に高い収益力だと評価できるのではないだろうか。売り上げも一年で倍近く増えており勢いがある。

串カツ田中のIPO情報、株主優待情報

期間

抽選申込期間 8月30日(火)- 9月5日(月)
当選発表日 9月6日(火)
購入申込期間 9月7日(水)- 9月12日(月)
上場日 9月14日(水)

価格

想定価格 3,610円
単元株数 100株
仮条 未発表
公募価格 未発表

幹事証券会社

主幹事証券会社

大和証券

幹事証券会社

SBI証券、みずほ証券、いちよし証券、SMBCフレンド証券、SMBC日興証券、丸三証券、マネックス証券、岩井コスモ証券

株主優待はあるのか?

株主に対する特典

毎年11月30日現在の株主名簿に記載された1単元(100株)以上所有株主様に対し、一律3,000円相当(1,000円券3枚)のお食事ご優待券を贈呈します。

新株式発行並びに株式売出届出目論見書 

客単価が2500円くらいらしいから約食事一回分だ。

予想

初値は4000円ぐらいをつけるのではないだろうか(勝手な予想)。9月14日には他にもカナミックネットワークス(3939)・デジタルアイデンティティ(6533)も上場が決まっており、カナミックネットワークスの想定価格2760円、デジタルアイデンティティ1540円と比べると串カツ田中の3,610円は値頃感が薄く市場の関心を集めるのは厳しいのではないだろうか?

まとめ

IPOで盛り上がりそうな銘柄ではないけれど今後に期待はできそうな銘柄です。上場後落ち着いたタイミングで購入するのが良さそうです。

引用元

新規上場のための有価証券報告書

新株式発行並びに株式売出届出目論見書