タイムライン広告が新たな収入源になる?LINE(3938.T)株価の今後

シェアする

つい先月華々しく上場したLINE。若者の必須メッセンジャーアプリとして定着しているだけに非常に高い注目度でした。初値は公開価格3300円を48.4%上回る4900円。時価総額が1兆円を超えるなど今年最大のIPOとなりました。そんなLINEの今の株価はどうなっているのでしょう?

これまでの株価推移

2016/08/30現在

  • 株価:4395円
  • 単元株数:100株
  • 最低購入代金:439500円
  • 配当利回り:—-%

上場の過熱感を嫌って初値をつけた翌日に反落そこから現在まで値段を探るような調整の意味合いが強い相場になっています。

直近では5日連続安となり9.5%の下落を見せていましたが29日から一転しています。

新しいタイムライン広告によって収益アップ

スクリーンショット 2016-08-31 1.37.14

(売上収益) ・LINEビジネス・ポータル事業 コミュニケーションにおきましては、新商材であるポップアップスタンプをリリースしたほか、新たにLINEクリ エイターズ着せかえを開始し、売上収益が堅調に推移いたしました。コンテンツにおきましては、LINE ブラウン ファームが好調に推移しましたが、新規タイトルの7月以降での立ち上げなどにより、コンテンツの売上収益は前 年同期に比べ微減となりました。また、広告売上では、従来の公式アカウントやスポンサードスタンプ等のメッセ ンジャー型広告に加え、6月にはLINE Ads Platformを開始しTimeLineやLINE NEWS等のパフォーマンス型広告が売上収益に着実に寄与しております。

平成28年12月期 第2四半期報告書

今期営業利益は前期実績約95億の赤字に対し一転して黒字化しています。

これからの株価

これからもメッセンジャーサービスにおけるLINE一強の時代はしばらく続くだろうし広告収益も着実な収入源になると思われます。また各種ゲームやサービスなどの積極的な展開も期待できるので投資先として一考してみてはどうでしょうか?とはいえ最低投資金額が40万円を超える銘柄なのでお手頃感があまり感じられないとは個人的に思います。