【炎上】近い将来「プロ棋士」はいなくなる!?

みなさんこんにちは、ユーザー記者のガイサイと申します。

早速ですがみなさん、こんなニュースをご存知でしょうか?

14歳藤井聡太さん、史上最年少の将棋プロ誕生(元記事)

将棋のプロ棋士を養成する第59回奨励会三段リーグの最終日は3日、東京都渋谷区の将棋会館で行われ、藤井聡太三段(14)が13勝5敗でプロとなる四段昇段を決めた。10月1日付の昇段で、14歳2カ月でのプロ入りは史上最年少。現役最年長棋士、加藤一二三・九段(76)の持つ14歳7カ月の記録を、62年ぶりに塗り替えた。

史上最年少でプロ入りとはすごいですね。62年ぶりというのも驚きです。ちなみに中学生でプロ棋士になるというのは羽生善治さんなどに続いて史上5人目だそうです。

一見とてもめでたいニュースに思えるのですが、将棋ソフト開発者の伊藤英紀氏は以下の様にこの件に関して触れています。

と、結構批判的です。氏によればプロ棋士は、遅くとも20年後にはAIに食われてしまう職業とのこと。また、そういった背景がある上でまだ判断能力に乏しい中学生をプロ棋士にしてしまうのは如何なものなのかと。

確かに言い分は理解できますが、せっかくめでたいことなのに水を差してしまうのもどうかと思いますね。20年後人間はAI棋士に勝てなくなるかもしれませんが、AIが絡む対局と人間同士の対局ではまた事情が変わってくる気がします。商業的なことを考えれば人間同士の対局の大会はこれからも開かれ続けるのではないでしょうか。

少し話が変わりますが、チェスは人間がコンピュータに勝てなくなり、実質的なチャンピオンがチェスソフトになっているそうです。それにも関わらず人間同士の大会が開かれ続いているのは、やはり人間の対局にはコンピュータ戦とは違う面白味があるのでしょうね。

未来のことはまだ誰にもわかりませんが、私個人の意見を言わさせていただくと、藤井さんにはAIの逆風に負けずトップを目指してこれからも将棋を指してもらいたいです。