プログラミングが長続きしないマンにありがちな3つのこと

特に作りたいものないマン

よく言われることだけど長続きしないマンの一番の原因がこれだと思う。
ゲームを作りたいとか自分のホームページが欲しいとか作りたいものが
はっきりしているほど長続きする。凄腕ハッカーになりたいとか何でもいい。
何かしら目的意識がないとすぐに飽きてしまう。
プログラミングは手段であって目的ではないのだぞ!!

とりあえず参考書買うマン

itazura_book_yaburu

(参考書がわけわからなくて自暴自棄になるマン)
プログラミングに限らず受験勉強とかでもそうだけど本買って満足してしまう人って多い。
じゃあどうやって入門したらいいのか?
私がおすすめしたいのはまずはdotinstallを見ること。
dotinstallはプログラミングを3分間の短い動画で学べる初学者むけのサイト。
ほとんどのプログラミング言語のレッスンが揃っていてわかり易さにも定評がある。
例えばJavaScriptを始めたいと思ったらまずはこのレッスンを見てプログラミングの流れをつかんでほしい。そしてレッスン内で書いたちょっとしたプログラムを自分なりに書き換えたりして試行錯誤してみることが大切だ。参考書を買うのはそれらが終わりもっと詳しい内容、次のステップに自分が進めると判断してからでいい。すでにある程度dotinstallで入門してるあなたは参考書選びで難しすぎる本を選んでしまうような痛い失敗をすることはないだろう。

すぐ人に聞くマン

pose_kyosyu_boy

(詳しい人教えてマン)

プログラミングを始めると常にわからない、理解できないことが出てくる。それを詳しい人にいちいち質問する人がいる。質問することは別に悪いことではない。Webで調べるより理解にかかる時間も短く済むだろう。でも”自分で調べる能力”を身につけないと限界がくる。
まずは自分で調べる努力をしよう。Googleを使いこなせない人って結構いる。自分で調べてあれこれ考えることはあなたのプログラミングスキルを必ず高めてくれる。