VR彼女も近い??「Saya」2016ver.を目に焼きつけよ【CG女子高生】

思わず一目惚れしてしまいそうな美少女。実は実在しないバーチャルな美少女なんです。彼女の名前は「Saya」。彼女はCGで作られており、製作者はYuka(telyuka)氏(http://www.telyuka.com/

saya

中の人は、石川晃之・友香夫妻でフリーランスで活躍されているCGアーティストです。「Saya」ちゃんはショートムービーを目標に制作されています。

どうやって「Saya」ちゃんは制作されているのでしょうか。Yuka(telyuka)氏によると次のような開発過程のようです。DCCツールとして主にMayaしており、スカルプトにはZBrushを、服の造形にはMarvelousDesignerが使用された。V-Rayレンダラでレンダーし、テクスチャ制作はPhotoshopを用いており、MARIによってノーマルマップ用の素材の制御しています。さらにNUKEでコンポジット作業で仕上げることで、カラーマネジメントと物理ベースのワークフロー構築をしているようです。

201601-cgwcc2015-telyuka-slide01

氏によるワークフローの図です。ソフトを含め詳しい解説がなされていますね。

ツークン研究所(http://www.zukun-lab.com/)と共同で研究もしていてモーションキャプチャーにも取り組んでいるようです。

最新情報はYuka(telyuka)氏のTwitterでつぶやかれています

https://twitter.com/mojeyuka

ぜひ応援していきたいですね