豊洲移転問題のそもそもなぜという疑問に答える

豊洲市場の盛り土虚偽問題で小池百合子知事が都庁職員を公開説教したりと東京築地市場の豊洲移転計画がなかなかスムーズに進んでいないようです。しかしそもそもなぜ豊洲に移転しようという話になっているのでしょうか?ニュースの始まりを見れていなかった人のためにも今までの経緯を簡単におさらいしましょう。

   築地市場が移転する予定の豊洲新市場について、敷地内の汚染土を削って盛り土をしたと東京都がウソの説明をしていたことが分かった。ただ、実際はコンクリートを打っているので安全ではないかといった指摘も出るなど、混乱が広がっている。

なんで移転するの??

1_358139761918822

東京築地市場

まずは歴史から!

江戸時代から東京の食品流通を担ってきた日本橋魚河岸をはじめとする市場群が、1923年(大正12年)9月に起きた関東大震災で壊滅したのを受け、12月、隅田川や汐留駅といった水運、陸運に恵まれていた旧外国人居留地(築地居留地)の海軍省所有地を借り受けて臨時の東京市設魚市場を開設したのが、築地市場の始まりである。

(wikipedia)

関東大震災がきっかけだったとは驚きです。かなり歴史のある市場ですね。それゆえに数々の問題があるのだとか..

なぜ今のままの築地市場ではだめなのですか?

これに関して東京都中央卸売市場の公式ホームページに回答があったので見てみましょう。

昭和10年の開場から75年以上が経過している築地市場は、施設の老朽化が進み、建物の一部が劣化により破損して落下するなど、安全性に多くの不安を抱えています。

また、狭隘化も著しく、荷置き場所が不足し一時的に荷を屋外に置かざるを得ないなど、商品の品質・鮮度保持の徹底が難しくなっています。物流面においても、駐車場や荷さばきスペースが大幅に不足しているため、トラックの入場待ちや渋滞が発生、さらに、混み合った場内のいたるところで荷の積み下ろしなどが行われるなど、作業が非効率になっています。

このように、築地市場は、施設の老朽化・狭隘化が深刻であり、品質管理の高度化や物流の効率化などに十分対応できていないことが大きな要因となり、取扱数量が大きく減少しています。

このままの状態が続くと、築地市場が都民の食生活を支える役割が果たせなくなるおそれがあり、また震災などの影響も懸念されることから、一刻も早く、施設を抜本的に改善する必要があります。

http://www.shijou.metro.tokyo.jp/toyosu/faq/01/

やはりこれだけ歴史が長いと老朽化による弊害が多いようですね。

築地市を再整備しようという案もあったそうですが試算するとなんと工事期間に20年必要という結果に。これでは工事中の市場への影響も無視できないということで別の場所に移転する方向性になったのです。

東京オリンピックに向けて

実は築地市場の問題は単なる老朽化による問題だけではなく2020年東京オリンピックに向けた道路建設にも影響があるのです。

160904_kanjyo2_01-600x515

出典 : 東京都建設局

オリンピックでの重要な輸送路!環状2号線

図のように現在敷設が進められている環状2号線は神田佐久間町から水道橋ー四谷ー赤坂見附ー虎ノ門ー新橋ー汐留豊洲ー有明間がすでに開通済みです。オリンピック前に新橋と、晴海地区に建設予定の選手村や有明地区の競技会場とを結ぶBRTと呼ばれるバス高速輸送システムが走るスケジュールになっているのですが築地市場の移転が終わらないことには始まらないという状況なのです。

なぜ豊洲が選ばれたのか?

移転先となった豊洲市場。なぜここが選ばれたのでしょうか?

これについても東京都中央卸売市場の公式ホームページに回答がありました

築地市場は、首都圏の生鮮食料品流通の中核を担う基幹市場としての役割も果たしていることに加え、都心に集まっている飲食店や小売店の仕入れの場になっています。

このため、その移転先の条件としては、

  1. 敷地が狭隘で、抜本的な施設改善が困難な築地市場に対し、高度な品質管理・衛生管理ができる卸・仲卸売場に加え、物流の効率化を図るための広い駐車場や荷さばきスペースを配置できる約40ヘクタールのまとまった敷地が確保できること
  2. 大消費地である都心部の周辺で、輸送時間やコストの観点から高速道路や幹線道路にアクセスしやすい交通条件の良好な位置にあること
  3. 築地がこれまで築き上げた商圏に近く、機能・経営面で継続性が保てる位置にあること

などが挙げられ、これらの条件をもとに検討を行った結果、すべての条件を満たす豊洲地区が移転先として選ばれました。

豊洲新市場予定地の利点

http://www.shijou.metro.tokyo.jp/toyosu/faq/02/

これらの条件を満たすところは少なく消去法的に豊洲が選ばれた雰囲気です。

まとめ

以上、豊洲市場移転問題についての前提知識の解説でした。

豊洲市場の土壌汚染問題やそれに対する都庁の説明不足などで今現在移転は全くスムーズに動いていません。これからの展開に注目必須です。