「所さん!大変ですよ」全国各地でボロボロの軽トラックが売れている理由とは?

シェアする

テレビ番組「所さん!大変ですよ」で全国的にボロボロの軽トラックが売れているという話題があった。何と今アメリカで日本の軽トラックにブームが来ているというのだ。

全国的にボロボロの中古軽トラックが売れている

全国の中古自動車販売店で日本の中古軽トラックの売れ行きがやけに良いらしい。番組が取材中の中古自動車販売店に購入しに来たのは何とアメリカ人のバイヤー2人。店に訪れると中古軽トラックを物色するが店員から中古5年物をお勧めされると「新しすぎる」と一言。彼らはなぜボロボロの中古にこだわるのか?

法律の詳しいとこが気になる人はチェック↓

25年ルールの存在

実は彼らの目的は日本で安く軽トラックを仕入れてアメリカに輸出、転売して利益を得ること。アメリカには、米国内で新車販売されたクルマ以外について、製造後25年経過しないと輸入できない通称“25年ルール”と呼ばれる規制がある。逆に言えば、25年以上経過したクルマでないと輸入できないのだ。

だからわざわざボロボロの中古車にこだわっていたわけだ。

アメリカではクール?軽トラックブーム

軽トラック自体日本ならではのもの。アメリカにはもともと軽トラックはない。

そんな軽トラックがアメリカでなぜかブームらしい。番組がアメリカで日本の中古軽トラックを購入した人に密着取材をしていると何と会う人合う人に「珍しい!どこで買ったの?クールだね」、「ライトがとってもキュート」と乗っているだけで注目の的に。

アメリカ人の体のサイズに明らかにマッチしていない軽トラックだが意外な人気ぶりに驚きだ。

シェアする

フォローする