2017年『攻殻機動隊』ハリウッドで映画化!!荒巻はビートたけし

あの攻殻機動隊が2017年、ハリウッド版になって帰ってくる!!士郎正宗『攻殻機動隊』(英タイトル: GHOST IN THE SHELL)を原作としてこれまでいくつもの作品が作られてきました。映像作品だけでも、

押井守版のGHOST IN THE SHELL / 攻殻機動隊(1995)、イノセンス(2004)、GHOST IN THE SHELL / 攻殻機動隊2.0(2008)

神山健治の攻殻機動隊 STAND ALONE COMPLEXシリーズ(2002、2004、2006)

黄瀬和哉の攻殻機動隊 ARISEシリーズ(2013、2015)

があります。『攻殻機動隊』の近未来的なイメージは、『マトリックス』などのSF的作品に影響を与え、技術者のインスピレーションの源にもなっています。

そして攻殻機動隊はいよいよハリウッドで実写化され『Ghost in the Shell(原題)』として2017年3月、全米公開されます。主演はスカーレット・ヨハンソン、監督は『スノーホワイト』のルパート・サンダース。スタジオはパラマウントピクチャーズ。そのトレーラーが公開されました。

アジトのような廊下を歩く和服に身を包む女性
s_screenshot-572

お面をつけています。能面のコンセプト?

s_screenshot-573

無機質な部屋で首からプラグを抜く草薙素子

s_screenshot-593

公安9課課長、荒巻大輔を務めるのはビートたけし

s_screenshot-591

草薙素子はスカーレット・ヨハンソン

s_screenshot-584

男たちの頭がコードで接続されています。もしやゴーストを・・・

s_screenshot-586

s_screenshot-575

画像はこちらから引用

ビジュアルに期待できる出来栄えですね!いまから公開が楽しみです!!