【どゆ意味?】ぽきたw 魔剤ンゴ!? ありえん良さみが深いw 京大からのNFで優勝せえへん? そり!そりすぎてソリになったw や、漏れのモタクと化したことのNASA✋ そりでわ、無限に練りをしまつ ぽやしみ〜

シェアする

画像引用 『四畳半神話大系』

これは京大の11月祭のスローガン

9/2(金)の開票会の結果、第58回京都大学11月祭統一テーマは、

ぽきたw 魔剤ンゴ!? ありえん良さみが深いw 京大からのNFで優勝せえへん? そり!そりすぎてソリになったw や、漏れのモタクと化したことのNASA✋ そりでわ、無限に練りをしまつ ぽやしみ〜

となったようです。趣意文としては

このテーマ案は、昨今ネット上で頻繁に見られる、いわゆる「オタク構文」を改変したものである。 この文に使用されているフレーズの多くを、京大生はSNSや友人との会話の中で使用している。それらのフレーズは有識者が有り難がるような「美しい日本語」とは程遠いだろう。 だが、この「オタク構文」に見られるような、既存の枠組みを疑い破壊し、自らの手で新たな枠組みを創造する姿勢こそが京大生、ひいては京大生によって創られるNFの真骨頂ではないだろうか。

とのことのようです。

http://nf.la/join/theme.html

うーん、どういう意味?

特に元ネタもないし、誰が使い始めたのかもわからないポタク語。ただどうして流行り、界隈では定着したかの理由を添えて、意味を書き落とします。

ぽきたw -> いま起きた

詳しく
p音便ですね、ポタク語の基本です。「起きた」というより「きた」という方が、リズムが出ます。「ぽきた」「ぽたく」など発音が短いときにp音便が発生する傾向があります。p音はm音と並んで、最も発音しやすい音です。(赤ちゃんもパパ、ママから発音します)裸の「お」よりも「ぽ」と発音するp音便は自然な変化ですね。

魔剤ンゴ!? -> マジ!?

詳しく
平安時代から使われる古い日本語「まじ」となんJ語「ンゴ」がくっついた形です。「マジ」が「やばい」のように形容詞化し「まざい」という言葉が出ました。「きた」でも触れましたが、リズムを大切にし「ン」をつけることで響きがよくなります。「まざいン」。漢字変換をして「魔剤ンゴ」の完成です。

魔剤はモンエナや時々RedBullといった覚醒的栄養ドリンクを指します。Monster Energyの方が安くて量が多いので魔剤といばモンエナが普通ですね

ちなみに、「マ?」という語もポタクは多用します。チャイ語(中国語)では「吗」(ピンインmaの軽声で「マ」と発音)を文の末尾につけることで疑問形を表します。「マジ?」「マジか」のように驚きの意味でで使われていた「マジ」と疑問を表す「吗?」がくっついたことで、疑問でも驚嘆でも使える便利な「マ?」が発生しました。

さらに「マ?」「まざい?」の驚嘆疑問の最上級として「まーざいま!?」も使われます。

ありえん -> ありえない

詳しく
「ありえないほど眠いんですが…」リズム感が皆無です。「ありえんほど眠い」マシになりました。

良さみが深いw -> とっても良い

詳しく
語尾み化です。「うまみ」「かなしみ」のように「〇〇み」で終わる日本語は多いのですが、残念ながら「眠い」には「〇〇み」用法が用意されていません。作りましょう。「眠たみ」です。同様に「いい」には「よさみ」です。

そして「すごく眠い」「眠たくてヤバいww」ではバカっぽいです。「悲しみが深い」のように「眠たさ」を深さで表したのです。そんなとき誰かが呟いたんです「眠たみが深い」。すごく良いものに触れたときにはこう言います。「よさみが深い」

京大からのNFで優勝せえへん?

詳しく
二郎からのセイクで優勝せえへん」を京大アレンジしているようです。(京大生は11月祭のことをNFと呼ぶそうです)

二郎とは、「ラーメン二郎」のことで、とにかく量が多いことで有名です。

セイクは、酒(sake)です。「さけ」では「酒」のインパクトが足りません。もっと強く発音したい、それなら「セイク」です。

嫌なこと、鬱憤や不満を全部忘れて友達と盛大に食って飲めば、それは「優勝」です。

そり! -> それ

詳しく
「それ」「そうそう」「まさにそれ」といった支持を表すときに「そり」と言えます。

さらに「そり」は”sorry”と音が近く軽い謝罪を表すときにも使われます。「ごめん」という字面が使いづらくても「そり」なら、気持ちを伝えても仰々しくならないのです。

そりすぎてソリになったw

詳しく
もはや意味不明です、理解できません。感嘆詞と同じです。


漏れ -> わたし

詳しく
m音便ですね。p音m音b音は破裂音といい、唇を閉じてから発音する音です。発音しやすさとリズムを生み出すことからポタクに好まれます。「おれ」が「もれ」にm音便化しました。

モタク -> おたく

詳しく
m音便です。「オタク」が「モタク」となりました。筆者は「ポタク」の方をよく見ます。ただここでは、いわゆる「オタク」と自称するには、知識・愛好心・実績が足りないけど「オタク」としての立場から話したときにあえて「ポタク」と称することで緩和する意味合いがあると考えています。

NASA -> 不足している

詳しく
「〇〇の無さ」を「〇〇のNASA」と発信します。

✋ -> よろしく頼みます

詳しく
一時期、絵文字が使われる頻度が減っていると感じていましたが、最近は絵文字がよく多用されています。

絵文字の解釈は自由なので、ここでは個人的な解釈を書きました。

そりでわ -> それでは

詳しく

「は」を「わ」を書くのはしばらく前からしばしば見かけますね。しかし、リズム偏重のポタク語の文脈から考えると、言文一致と考えると良いがします。さすがに言いすぎかな

無限に寝ます -> 無限に練りをしまつ

詳しく
「寝る」を五段活用連用形の名詞化を経た結果「ねり」になりました。「祭り」「踊り」のように「寝る」を名詞で使いたい、が「寝る」は下一段活用なので連用形が「ね」で音数が小さすぎるので拡張しました、「ねり」です。

「します」が「しまつ」になりました。z音d音の混同は「はなじ」「ぢしん」のように見られますが、ここでは意図的にs音t音を乱用していますね。

ぽやしみ〜 -> おやすみ

詳しく
p音便と「〇〇しみ」の合わせ技。「やすみ~」では「す」音が強すぎる、アクセントは「」にあるのに。「よさみ」「うれしみ」同様「ぽやしみ」で良いではないか。「やすみ~」

最the高

詳しく
京大のスローガンには含まれませんでしたが、こちらもポタク語の基本語です。筆者が好きな「ななひら」のVol.とともにどうぞ
「ニコニコ動画」は音楽・お笑い・アニメ・ゲームなどの動画再生中にコメントを付けて楽しむ動画コミュニティサイトです

好き -> すこ

詳しく

好きなものへの好意を表明時に使われます。「すこ」「ほんとすこ」など。

もともと「しこる」という言葉があります。

しこる(凝る・痼る)

  1.  ある物事に熱中して打ち込む。ふける。「盆栽に―・っている」「ゴルフに―・る」
  2. 細かいところにまで心を用いる。工夫・趣向を凝らす。「家のつくりに―・る」「―・った衣装をまとう」
  3. 血行が悪くて筋肉が張ってかたくなる。「肩が―・る」

これがネット界隈ではスラング化し、好みの性癖に対して「シコ」という言葉が使われいていました。類語に「シコる」「シコれる」「シコリティが高い」など。好意を表明する「シコ」ですが、表現のストレートさゆえに人目の前では憚れる言葉でもありました。それでも「しこ」と言いたい!ちょっとしたお気に入りとかではなく、性癖と近い領野で好きなんだというときに「すこ」という言葉が使われます。

ら抜き言葉にも触れておく

詳しく
「見る」のような上一段活用動詞、「食べる」のような下一段活用動詞、また「来る」の活用の種類であるカ変動詞の可能表現としてそれぞれ「見れる」「食べれる」「来れる」とするものは、「ら」を含んでいないということから「ら抜き言葉」といいます。が、あえて「みれる(可能)」ということで「見れられる(受け身)」との混同を避けることが出来ます。これは「られる」に受身・可能・自発・尊敬の4用法を担わせた、先人の怠慢であり、ら抜き言葉は自然な言語拡張である気がします。

ポタク語はリズムや発音の響きを偏重する言葉であるようです。(リズム偏重する潮流は、世界的人気を勃興した音楽ジャンルEDMと関係する気がしますが。。関係ないか。)

”正しい”日本語はどこへ?

先日、文化庁が発表した「平成27年度『国語に関する世論調査』の結果の概要」で、いわゆる「ら抜き」言葉を使う人が多数派になったことが話題になりました。

「ら抜き言葉を使わない!!」と主張する方でも無意識の内に「ら抜き言葉」を使ってるようです。

unnamed-1

unnamed-4

unnamed-2

言葉が”乱れていく”のは仕方がないことではあると思います。その上で、フランスのようにアカデミー・フランセーズで統一的に「フランス語」を保守し統一し続けるのか、アメリカ語のようにスラングを全く許容するのかは、意見の別れるところだと思います。ゆっくり考えていけば良いでしょう。

そり