【小林麻央】ホテルで海老蔵と覚悟を決めた夜。

癌で闘病中の小林麻央さんが9月26日更新のブログ「21 ルームサービス」で海老蔵に勇気づけたれて、覚悟を決めた夜を語りました。

「21ルームサービス」全文

夜景が綺麗なホテルだった。

「絶対大丈夫!治そう!」
そんな話をしたと思う。

「悲しいね」主人がポツリと言った。
夜の部の公演が終わるのを待って、
一緒に家に帰ることにした。

それまでの間、
やはり、お腹はすいたので、
ルームサービスで銀鱈定食を頼んだ。

完食した。美味しかった。
涙はでなかった。

あの日のジェノバパスタとは
全然違う!と思った。

自分の中で少しずつ覚悟ができていた。

(引用:「21 ルームサービス」)

夫である市川海老蔵さんが麻央さんを勇気づけられる姿が見えます。また、「12 まずいパスタ」の時との心情の変化も語っています。

「12 まずいパスタ」全文。

「本当に癌になってしまったんだ、これからどうなるんだろう。」

どんな顔して、
家族に言えば良いのだろう。

帰れなくて、
ふらふら歩いた。

こんな時でもお腹がすいた。
さすが私。

ふらりとお店に入り、
ジェノバパスタを頼んだ。

ソースが少ない、パッサパサのパスタ。
なんて、まずいのだろう。

涙を流すには丁度良い味だった。

まずい。

まずい。。

まずい。。。

まずい。。。泣 泣 泣 泣

涙が止まらなかった。

(引用:「12 まずいパスタ」)

食べ物の味の感じ方に心情が現れていることがわかりますね。一人で癌であることを抱え込んだ時よりも、夫の海老蔵さん等周りの人に勇気づけられて、癌と戦う覚悟が出来たことが伝わってきます。

まとめ

もしかしたら、麻央さんがブログを始めた理由の一つに海老蔵さんを始めとする親族に勇気づけられて自分を強く持てているから、同じ境遇の人達にも勇気を分け与えるためというのもあるのかもしれません。