号泣・野々村氏、抗議ブログを連続更新「イジメだ!私に死んでほしいのですか?」

号泣会見で話題になった野々村氏が未だにブログで抗議しているようだ。

 元兵庫県議の野々村竜太郎氏が9月からブログを相次いで更新、富山市議が政務活動費を不正に受給し、相次いで辞職している報道を受け、自身の政務活動費の不正問題を一緒に取り上げたメディアに“抗議”を続けている。

yahoo news

野々村氏は政務活動費913万円をだまし取ったとして、詐欺罪などに問われ、7月に神戸地裁から懲役3年、執行猶予4年(求刑懲役3年)の有罪判決を言い渡されている。

富山市議会では政務活動費が不正に使われていたとして多数の辞職者が出ているが、ニュースを報じる際に、野々村氏の会見が引き合いに出されることがあり、それに怒りをあらわにしているようす。

抗議ブログを連続更新

刑が確定し、反省、謝罪、誓約する時間を過ごし、社会復帰を心から祈念していますが、「野々村氏、ブログで恨み節 「他は告訴しないのか」神戸新聞NEXT 9月28日 18時29分配信」記事が掲載されては、社会生活は勿論、日常生活に支障が生じています。

刑が確定した一個人をここまで露骨に実名等記事にして、情報操作をされれば、社会復帰できないではありませんか!
政府は、一億総活躍社会の実現を掲げていますにも拘らず、私に関係ない人物等のために、私の実名等を報道等することで、活躍の機会も与えられないまま、私が死ぬまで、報道等され続けるでしょうか?
それほど、私に死んでほしいのですか?
もうこの記事は、報道の自由を逸脱した新聞社の一個人に対するイジメと受け取っています。
万が一、発作的に自殺した場合は、この記事が一因であることを遺言致します。
マスコミ、議会、警察、検察、裁判所が、如何に恐ろしいものか、身に染みています。
刑が確定して、反省、謝罪、誓約した私に、私に関係ない人物等の報道で私を引き合いにすることなく、社会復帰する機会を与えて頂きますよう、心からお願い申し上げます。
「刑が確定したのだから実名報道するな!情報操作だ!」と主張している。
さらにブログでは野々村氏の名前を出したメディアに対して一つ一つ抗議文を連投している。

また27日には現職の兵庫県議が二日酔いに効くドリンク剤を政務活動費で購入し、返金する考えを示した報道に対してこう投稿している。

兵庫県議会は、私だけを告訴して、他の者は告訴しないのか?

野々村竜太郎公式ブログ

野々村竜太郎さんのブログ「野々村竜太郎オフィシャルブログ」です。最新記事は「TBSテレビ 「ビビット」水曜日に対する抗議」です。