【小林麻央】病状は前向きか?手術を受けたことをブログで報告!局所コントロールとは?

余命僅かだと騒がれてる小林麻央さんが自身のブログ「KOKORO.」で手術を受けたことを10月1日更新の「ご報告」で報告した。

「ご報告」全文

病院の先生方の勇断により、
先日、手術を受けることができました。

術後、徐々に回復してきたため、
ご報告させて頂きます。

私の場合、
根治手術ではなく、
局所コントロール、QOLのための手術です。

一時は、
胸や脇の状況が深刻になってしまった
ため、
手術さえも選択にありませんでした。

手術をしたからといって、
肺や骨に癌は残っており、
痛みもあるので、
これからが闘いです。

なので、
心からの喜びとまではいきません。

が、

先生方が大きな手術にチャレンジして
下さったことは、
大いに大いに喜んで、
心からの感謝をしています。

まわりの皆は、
ここまでこられたことが
奇跡だと言ってくれますが、
奇跡をここでは使いたくないです。

奇跡はまだ先にあると
信じています。

(引用:「ご報告」より)

非常に精神的な意味で前向きな様子が伺えます。

局所コントロールって?

局所コントロールとは有名なものでいうと放射線療法があります。ほかにも化学療法、免疫療法、ホルモン療法などの治療法を指します。

今の癌の治療法としては患部の切除が主ですが、放射線治療等は進行を遅らせることや癌細胞の縮小を目的とした治療であるために局所コントロールと言われています。

今回は手術内容は明らかになっていないので詳細はわかりませんが、有識者は癌細胞の一部切除だと語っています。

まとめ

ブログ内で「QOLのための手術」とあります。QOL(quality of life)つまり生活の質を高めることで前向きに癌と戦おうとする姿が見えてきます。

合わせて読みたい

>>【小林麻央】乳がんが肺や骨に転移していることを明かす。余命僅か?【ステージ4】

>>【小林麻央】やはり余命僅か!目標は子供の運動会に行くこと。

>>誤診が原因?小林麻央、乳がんまでの詳しい経緯をブログに綴る

>>【2ch】なぜ叩かれている?小林麻央の新しいブログ

>>【小林麻央】ブログを始めたきっかけの1通の手紙

>>【小林麻央】ホテルで海老蔵と覚悟を決めた夜。