【小林麻央】ステージ4を激白!「5年後も10年後も生きたい!!」

小林麻央さんが先ほど自身のブログにて心の声を明かしました。

心の声

私は、一般的には、
根治は難しい状態と言われる
かもしれません。

色々なこと、
真剣に、調べました。
なので、それだけ、
色々なことも分かっている

つもりです。

だからこそ、

「先生、私は治したいんです。
奇跡を起こしたいんです!!」

と言いました。

先生は、2、3秒、間をあけて、

「奇跡を起こすには、
着実な一歩一歩を踏むことです。
それなしに、奇跡は起こりません。」

と言いました。

私は、何度か転院しましたが、
先生に出会う前まで、
根治させたいなんて、
こんな状況では、言えない、
と思っていました。
でも、
ついに、心の声を、言えたのです!
大きく思える夢や目標も
抱くことはできる。

それを堂々と言うことも、
恥ずかしいことなんかではないと
思います。

前の私なら、
言えなかったことも
今は言えたりします。

私はステージ4だって
治したいです!!!

遠慮している暇なんて
ありません!!

だって、
先生にも
私は、奇跡を起こしたい患者なんだって
思っていてもらいたいです。
だから、
堂々と叫びます!
5年後も
10年後も生きたいのだーっ
あわよくば30年!
いや、40年!
50年は求めませんから。
だって
この世界に 生きてる って
本当に素晴らしいと、感じるから。
そのために
できることは
やる。
コツコツはカツコツ!
ぅわぁー、
私の苦手技だぁー笑い泣きえーん笑い泣き
誰か助けてーーーー笑い泣き笑い泣き笑い泣き笑い泣き
麻央さんは自身がステージ4の癌であることを明かし、さらに「5年後も10年後も生きていたい」と強い意志を述べました。

ステージ4とは?

おさらいになりますが、今一度載せておきたいと思います。

癌の進行を表す指標に「TNM分類」というものがあります。ステージ0からステージ4まで癌の進行具合を分類するものです。ステージ4は末期でその症状は 骨や肺への頻繁な転移です。つまり癌を取り除いても次から次へと転移が起こってしまう状態ということです。さらに乳がんの場合は骨転移の頻度が特に高いことが知られています。

また、5年後の生存率は26~42%、10年後の生存率は13~15%と言われています。

「生」への強い意志を言葉にした記事ですが、最後は「コツコツはカツコツ」というユーモアを交えた言葉で締めています。いつまでも笑顔でいることを忘れないで欲しいです。近いうちに麻央さんの姿がいい意味でテレビで見られるように祈っています。