【電通社員自殺】ブラック残業東大卒「高橋まつり」が美人だと話題に【画像あり】

東大を卒業した高橋まつりさん。

学生の憧れの就職先である大手広告代理店『電通』に採用されたものの残業を苦に自殺してしまうというショッキングな事件が起こりました。

写真を見るとかなり美人ですね。

広告大手の電通に勤めていた高橋まつりさん=当時(24)=が昨年12月に自殺したのは、直前に残業時間が大幅に増えたのが原因だとして、三田労働基準監督署(東京)が労災認定していたことが7日、分かった。遺族代理人の川人博弁護士が明らかにした。認定は9月30日付。

川人氏によると高橋さんは東大卒業後の昨年4月、電通に入社し、インターネット広告などを担当した。本採用となった10月以降、業務が増加し、11月上旬にはうつ病を発症したとみられる。12月25日、東京都内の社宅から投身自殺した。発症前1カ月の残業時間は月約105時間に達し、2カ月前の約40時間から倍増していた。

母親の高橋幸美さん(53)=静岡県=は記者会見し「過労死が繰り返されないよう、企業の労務管理の改善と、国が企業に指導を行うよう強く希望する」と話した。

yahoo news

学生時代は精力的に活躍

学生時代は社会人と対談したりと精力的に活動していたそうです。

インタビュー動画も

今となっては貴重な映像となってしまいました。

本人のtwitterでは職場のブラック発言「彼氏もいた」

本人のtwitterアカウントです。

彼氏もいたらしい。

twitterでは何度も職場のブラック労働について愚痴をこぼしていました。

「twitter、退職時に訴訟するための証拠として使ってるまである。」

本人のtwitterアカウントは現在既に非公開になっています。

入社後からものすごいスピードで鬱病に追い込まれているのがわかる。

なんと1日に取れる睡眠時間がたったの2時間という時も。。

電通のコメント、労災認定

過労死した女性は、家族に「死にたい」と伝えていました。

代理人弁護士によりますと、大手広告代理店「電通」の新入社員だった高橋まつりさん(24)は去年12月、都内の会社の寮で自殺しました。高橋さんの残業時間が100時間を超えていたことなどから、労働基準監督署に過労死と認められました。
高橋さんの母・幸美さん:「命より大切な仕事はありません。企業の労務管理の改善の徹底と国の企業への指導を強く希望します」
電通は「社員の自殺については厳粛に受け止めております。労災認定については内容を把握していないのでコメントは差し控えます」としています。

テレ朝ニュース

労災認定されたのがせめてもの救いです。

電通には鬼十則と呼ばれる過労体質の元凶があります。

>>【電通過労死】恐怖の鬼十則に裏十則「取り組んだら放すな、殺されても放すな、目的完遂までは」

今回の件を受けて電通の労働環境改善に乗り出したのですがその内容にも賛否が分かれているようです。

>>【電通過労死】労働時間の上限引き下げ、社長が文書で通達「たったの月5時間!?」

合わせて読みたい

>>「自殺は情けない」で炎上の武蔵野大学長谷川秀夫、謝罪して逃亡【電通過労死】

>>【電通過労死】自殺したはずの高橋まつり(24)のTwitterアカウントが鍵垢として突然非公開に、電通の圧力か!?【情報操作】

>>【電通自殺】電通新入社員の自殺の高橋まつりさんがTwitterで恋愛事情と電通の闇を語っていた!!

>>【電通過労死】高橋まつり(24)同級生のLiB羊さん激白、友人として怒りと悲しみをTwitterで吐露「泣きたい」「怒りがよみがえる」【自殺】

>>【電通】受難の2016年、電通の不祥事を一覧にまとめてみた【炎上】

>>「高橋まつり」だけでない。過去にも「大嶋一郎(24)」が過労死【電通のブラック体質】

>>【快挙】電通に抜き打ち調査、労働局立ち入るも事前にマスコミに漏れていた【電通ブラック】