【慶応広告学研究会】10代の女子学生に集団乱暴の疑いで警察の捜査 「退学不可避」

学生の不祥事によってミス慶応が中止された報道をきっかけに慶応大学の「広告研究会」による問題が次々と発覚している。

>>【ミス慶応】広告学研究会の未成年飲酒強要で中止【画像あり】

前の記事でミス慶応の中止理由が飲酒強要というレベルではなく本当は集団乱暴ではないかという内容をお伝えしたが、その件でとうとう警察の捜査が始まったようだ。

>>【ミス慶応中止】真相はレイプ、大学が揉み消した集団強姦、飲酒強要は隠れ蓑【広告学研究会】

酩酊(めいてい)状態にしたうえ、暴行

慶応義塾大学の学生団体「広告学研究会」で、男子学生数人から乱暴を受けたとして、10代の女子学生が警察に相談し、警察が捜査を始めていることがわかった。
女子学生への暴行があったとされるのは、神奈川・葉山町で、9月上旬に行われた慶応大学の「広告学研究会」の懇親会。
関係者によると、懇親会の場で、男子学生数人が、10代の女子学生に酒を飲ませて、酩酊(めいてい)状態にしたうえ、暴行するなどしたという。
女子学生は、神奈川県警に相談し、県警がくわしいいきさつを調べ、捜査を始めているという。
付近の住民は「入り口にテープ(規制線)が張られていたと聞いてる。封鎖したのは、警察が来た時。9月上旬」と話した。
「広告学研究会」は、慶応大学の学園祭イベント「ミス慶応コンテスト」を主催する団体で、10月4日、未成年への飲酒の強要や危険な行為があったことを理由に、大学から解散命令を受けていた。

(出典 : yahoo news)

事件を起こした生徒の退学はもはや免れないだろう。