【生前退位】平成30年11月の「大嘗祭」をもって平成が終了か

みなさん、こんばんは。

天皇陛下が去る8月8日に「お気持ち表明」をされたことは皆さんご存知だと思います。その際は「2年後には、平成30年を迎えます」等の近いうちに生前退位を執り行うということを匂わせてはいましたが、具体的な期日について述べられることはありませんでした。

しかし今回、政府が皇位継承に関して重要な儀式である「大嘗祭(だいじょうさい)」を平成30年11月に執り行うことを検討していると発表しました。

「生前退位」来年中に法整備へ 30年11月に大嘗祭…「お気持ち」にじむ節目

天皇陛下の「お気持ち」ご表明を受け、政府は、天皇陛下から皇太子さまへの皇位継承に伴う重要な儀礼である「大嘗祭(だいじょうさい)」を平成30年11月に執り行う方向で検討に入った。準備に1年近くかかるため、来年(29年)の通常国会で皇室典範改正を含む法整備を行わねば間に合わなくなる。17日に始まる有識者会議でも論点の一つとなる見通し。

天皇陛下は8月8日に公表された「お気持ち」のビデオメッセージで「2年後には平成30年を迎えます」などと語り、在位30年を節目としての「生前退位」をにじませられた。

(後略)

<引用元>

ニュースを読んでみて、もしかしたら見慣れない単語があったのではないでしょうか?昭和から平成の移り変わりを見てきた方ならば、ご存知かもしれませんが。

大嘗祭(だいじょうさい)とは?

大嘗祭(だいじょうさい)は、天皇が即位の礼の後、初めて行う新嘗祭。大嘗祭は古くは「おほにへまつり」、「おほなめまつり」とも訓じた[1]が、現在は「だいじょうさい」と音読みすることが多い。新嘗祭(にいなめさい)は毎年11月に、天皇が行う収穫祭で、その年の新穀を天皇が神に捧げ、天皇自らも食す祭儀であるが当初は「大嘗祭」とはこの新嘗祭の別名であった。後に、即位後初めての新嘗祭を一世一度行われる祭として、大規模に執り行うこととなり、律令ではこれを「践祚大嘗祭」とよび、通常の大嘗祭(=新嘗祭)と区別したものである。

<引用:Wikipedia>

この儀礼を以て、即位した天皇は「神格」を持って完全な天皇になるそうです。詳しい式次第は今回の記事では割愛させていただきます。

前回の大嘗祭では、現在の今上天皇が即位した後の平成2年11月に執り行われました。その際には国内外の祝賀使節を含めて約2500名が参加されたそうです。

また、余談ですがこの儀式を国家予算で行うのは意見なのではないか、という声があるそうです。

個人的には次の元号が何になるかが一番気になりますね。