「大麻で町おこし」栽培許可も得ていた会社代表(37)が大麻所持で逮捕

みなさん、こんにちは。

鳥取県智頭町で大麻栽培で町おこしをしていた社長が大麻所持で逮捕されました。あれ?栽培許可とってるのにおかしいぞ、と思う方もいらっしゃるでしょうがまずはコチラをお読みになってください。

「麻栽培で町おこし」の会社代表を逮捕 大麻取締法違反の疑い

鳥取県の大麻栽培者の許可を得て麻栽培による町おこしに取り組んでいた会社代表が、大麻取締法違反の疑いで厚生労働省麻薬取締部に逮捕されていたことが17日、分かった。

麻薬取締部によると、大麻取締法違反(所持)の疑いで逮捕されたのは鳥取県智頭町の大麻加工品製造業「八十八や」代表、上野俊彦容疑者(37)。逮捕容疑は今月4日、自宅にポリ袋に入れた大麻計88グラムを所持していたとしている。麻薬取締部によると、「他人からもらった。使用する目的で所持していた」と容疑を認めているという。

上野容疑者が県の栽培許可を得ていたのは、麻薬成分がほとんど入っていない産業用の大麻で、麻薬取締部は逮捕時に所持していた大麻は栽培していた大麻とは別のものとみて鑑定を進めている。

県によると、上野容疑者は「智頭町で麻を使った伝統の布の復活をしたい」として、平成25年に大麻栽培者の許可を取得していた。

<引用元>

ということで、栽培していた大麻と所持していた大麻は異なるものだったといいます。ややこしいですが、上野容疑者は町おこしとは別に違法な大麻を入手していたようです。「他人からもらった」と供述しているそうですが、我が国の違法薬物事情も闇が深いですね。

話が逸れてしまいましたが、容疑者の上野俊彦(37)について詳しく調べてみました。

麻栽培の復活は60年ぶりだった

上野容疑者は2年前に例の町おこしについてインタビューを受けていました。以下はその時の記事です。

http://colocal.jp/topics/think-japan/tsukuru/20140902_36143.html
http://colocal.jp/topics/think-japan/tsukuru/20140909_36676.html

おじいさんの話や実際に100年前に麻で作られたヒモや袋を見て感銘を受け、大麻栽培の免許を取得する決意をしたという。智頭町(ちづちょう)のみなさんや町長総出で免許取得を後押しし、遂に2013年に戦後初の大麻栽培の免許がおりたといいます。泣けますね。

また、会社のホームページもありました。現在は逮捕を受けて閲覧できないようになっているようです。とりあえずスクリーンショットを載せておきます。

8108

会社URL → http://www.8108ya.co.jp/

大麻を栽培していた人が大麻所持で逮捕される。なんとも皮肉な話ですね。