【電通過労死】これで丸わかり!!電通新入社員高橋まつりさん過労死事件の一連の流れまとめ!

入社1年目の電通社員高橋まつりさん(当時24)が、過労自殺に追い込まれました。今回はこの事件が現在に至るまでをまとめました。

電通入社に自殺に至るまで

2014年の春、当時東京大学文学部の4年生だった高橋まつりさんは、電通の内定を決めました。志望動機をSNSに次のように投稿しています。
「マスコミ関係の仕事であること、職種の異動があり出来ることの幅が広いこと、新しいコンテンツをつくりだしていけること…などを重視して選びました」

当時、彼女はインターネット広告を担当する部署に所属していた。試用期間後に正社員になると、10月以降1カ月の時間外労働が労基署認定分だけでも過労死ラインとされる80時間を大きく上回る約105時間。
そこから自殺に至るまではわずか1年半でした。2015年12月25日、高橋さんは都内にある電通の女子寮4階の手すりを乗り越えて飛び降ました。これを受けて今年9月、三田労働基準監督署は高橋さんの自殺は長時間の過重労働が原因として労災を認定されました。

母子家庭の中、塾に通わず時には1日12時間もの猛勉強すえ東京大学合格を決めました。マスコミに興味があり、「週刊朝日」で配信していたインターネット動画番組のアシスタントを務めたこともあります。

実際の映像はこちら

Twitterで語る本音

Twitterで過酷な労働条件を語っています。

1日20時間とか会社にいるともはや何のために生きてるのか分からなくなって笑けてくるな。

— まつり (@matsuririri) December 17, 2015

さらに詳しいツイートはこちらから

【電通自殺】電通新入社員の自殺の高橋まつりさんがTwitterで恋愛事情と電通の闇を語っていた!!

さらに現在謎の力が働き、この高橋さんのTwitterアカウントは非公開となっており、フォローしていない人にはツイートを見ることができなくなっている。

【電通過労死】自殺したはずの高橋まつり(24)のTwitterアカウントが鍵垢として突然非公開に、電通の圧力か!?【情報操作】

電通に抜き打ち調査が入る

高橋さんのSNSでの発言が事実であれば、労働基準法違反であることは明らかです。そこで労働局が抜き打ち調査に入りました。電通では1991年、入社2年目の男性社員が過労で自殺したことが問題化しました。労働局などはこの時の反省が社内で十分生かされていない点を重視し、臨検に踏み切ることを決めました。労基法上、労働基準監督官は臨検して企業側に帳簿と書類の提出を求め、使用者や労働者を尋問できると規定しています。

しかし、この”抜き打ち”調査をマスコミが撮影していたことから、いろいろな憶測が浮上しています。

詳しくはこちらから

【快挙】電通に抜き打ち調査、労働局立ち入るも事前にマスコミに漏れていた【電通ブラック】

電通ついに動いたか

法定時間とは、労働基準法により定められている労働時間の限度で1日8時間となっている。所定時間は、電通の就業規則で定められており1日7時間となっている。これ超える労働時間の上限を月あたり5時間引き下げるということを発表しました。

詳しくはこちら

【電通過労死】労働時間の上限引き下げ、社長が文書で通達「たったの月5時間!?」

まとめ

日本では多くの企業で残業は当たり前という風潮があります。また、正当な対価として残業代が下りているのであれば、理解はできます。しかし、残業代は支払われないが働かされるいわゆる「サービス残業」が横行しています。このような日本の企業体質は、見直されるべきです。

電通新入社員が自殺!日本企業で残業80時間超は2割強!!

こちらの記事からも分かる通り、異常な環境なのです。

このような異常な風潮を変えていくことは、日本の国を挙げた課題とすべきだと私は思います。