【任天堂大赤字】経常損益309億円!NintendoSwitch発表も来季売り上げ下方修正!

任天堂が今期の経常損害が309億円にも達していることを発表しました。また、その他株主向けの情報を公開しました。

任天堂株式会社の株主・投資家向け情報のページです。

まとめると以下のようなことです。

●売上高:1368億円(▲33.0%)
営業損失:▲59億円(前年同期:90億円)
経常損失:▲309億円(前年同期:164億円)
純利益:383億円(234%)

●販売実績
WiiUハード
56万台         通期販売計画:80万台
WiiUソフト
830万本         通期販売計画:1500万本→1400万本
3DSハード
271万台         通期販売計画:500万台→600万台
3DSソフト
1923万本        通期販売計画:5500万本

当第2四半期(平成28年4月~9月)の状況は、ニンテンドー3DSでは、全世界で発売した『星のカービィロボボプラネット』が堅調に推移したほか、ハードウェアではニンテンドー2DSが販売を伸ばしました。また、スマートデバイス向けアプリ『Pokémon GO』が配信されて以降、過去に発売された『ポケットモンスター』シリーズのソフトウェアも販売を伸ばしており、特に海外ではハードウェアも牽引する動きが見られ、ハードウェアの販売台数は271万台(前年同期比19%増)、ソフトウェアの販売数量は前年同期並みの1,923万本となりました。

Wii Uでは、当社ハードウェアの総合的な需要予測などを踏まえ、当期の出荷台数は80万台としていますので、期初の想定に沿った動きとなり、ハードウェアの販売台数は56万台(前年同期比53%減)となりました。ソフトウェアでは、前期のように『Splatoon(スプラトゥーン)』や『スーパーマリオメーカー』などのヒットタイトルがなかったことにより、当期の販売本数は830万本(前年同期比33%減)となりました。

amiibo(アミーボ)は、amiiboを使って楽しめる新作ソフトが少なかったため、フィギュア型が約380万体、カード型が約170万枚の販売にとどまりました。また、ダウンロード売上は、追加コンテンツによる売上が少なかったため、前年同期と比べて減少しました。

このような状況に加え、為替相場が円高に推移した影響等により、売上高は1,368億円(うち、海外売上高973億円、海外売上比率71.1%)となり、営業損失は59億円となりました。また、株式会社ポケモンなどに係る持分法による投資利益120億円を計上しましたが、為替差損が399億円発生したため、経常損失は308億円となりました。しかしながら、メジャーリーグ球団シアトルマリナーズの運営会社の持分の一部を売却したことによる投資有価証券売却益627億円を特別利益として計上したため、親会社株主に帰属する四半期純利益は382億円となりました。

通期業績予想の修正に関するお知らせ
売上高:5000億円 → 4700億円
営業利益:450億円 → 300億円
経常利益:450億円 → 100億円
純利益:350億円 → 500億円

為替相場が期初の想定を上回る円高に推移していることや、これまでの販売動向と今後の販売見通しの見直し、さらには当社子会社であるNintendo of America Inc.が保有しているメジャーリーグ球団シアトルマリナーズの運営会社の持分の一部を売却したことによる投資有価証券売却益(627億円)を特別利益に計上したことにより、通期の業績予想を修正しました。
なお、為替の前提レートは、1USドル110円から100円、1ユーロ125円から115円に変更しました。

NintendoSwitchで人気タイトルやポケモンGO効果で3DSソフトのポケモン新作が化けることを期待したいです。