【横浜】小学1年生男子が軽トラックに撥ねられ死亡【87歳男性逮捕】

衝撃的なニュースが流れてきました。

登校中の小学生の列に軽トラックが突っ込み、1年生1名が死亡しました。なぜ、事故は起こってしまったのでしょうか。

横浜で小学生の列に軽トラック、小1男児死亡

28日朝、横浜市で軽乗用車に追突した軽トラックが登校中の小学生の列に突っ込み、小学1年生の男の子1人が死亡、11人がけがをしました。

慌ただしく動く警察官と消防隊員に囲まれる1台の軽トラック。フロントガラスはひび割れ、辺りには、ごみのようなものが散乱していました。その中に転がった一つの黒いランドセル。交通安全の黄色のワッペンがつけられ、「まさる」と名前が書かれていました。

事故が起きたのは、横浜市港南区。28日午前8時頃でした。

「隣に奥さんがいたんですけど、奥さんも泣き叫んでいる状態で」(目撃した人)

警察によりますと、バスが停留所で止まり後続の軽乗用車も止まりました。そこに、軽トラックが衝突。3台の車両が玉突き状態となり、トラックは横転。左側を並んで歩いていた登校中の小学生の列に突っ込んだのです。

襟付きの白いシャツを着て、笑顔を見せる少年。事故に巻き込まれた小学1年生の田代優君(6)は搬送先の病院で死亡しました。また、小学1年から5年生の児童8人が重軽傷を負いました。軽トラックを運転していた87歳の男性ら男女3人も軽いけがをしたということです。

「運動会だから、おばあちゃん靴買ってって言って、僕一番になるから、一番早く走れる靴買ってって来たので、『優ありがとう、きてくれて』って見送った後ろ姿の黄色い靴が優の最後の映像です」(優くんの祖母)

わずか6歳で突然奪われた命。事故はなぜ起きたのでしょうか。

(後略)

引用元

事故で亡くなられた田代優くんのご冥福をお祈りします。

不慮の事故だったかもしれないとはいえ、87歳の老人が6歳の児童の命を奪ってしまったという事実を私は許せません。

事故現場について

事故が起こったのは「神奈川県横浜市港南区大久保1−20」付近だとわかりました。現場のGoogle Mapです↓

ドラッグストアの脇にあるバス停付近で事故が起こったと考えられます。また、亡くなられた田代優くんも現場近くに住んでいたとのことです。

地図を見ていただけると分かる通り、事故現場を通る道は一方通行ではありますが道は細く、バスがギリギリ一台通れる程度だと思います。また、近所に住む人の話では、現場付近は道の細さにも関わらず交通量が多く、事故の危険性が大きい場所だそうです。そういったことから横浜市には安全性向上の要望があったそうですが、道を広げたりバス停の場所を変えるという措置を取るのは難しく、路側帯を緑に塗ったりする程度の対策に留まっていたそうです。

原因は?

防犯カメラを用いた専門家の分析では、事故を起こした軽トラックは現場に向かうにつれて徐々に加速していたとされており、ブレーキとアクセルを踏み間違えてしまったのではないかと考えられています。容疑者は87歳と高齢の男性なので、偏見があるわけではありませんが、過去の傾向から言ってその可能性が高いと思います。

すこし話が逸れてしまいますが、中国ではある年齢になったら運転免許を返納するという制度があります。日本は狭いとはいえ車がなければ生活ができないという地域もあるので、今すぐやれとは言いませんが、明らかに車を運転する能力がない老人の免許は取り上げることを考えてもいいのではないでしょうか。それができたならば、もしかしたら今回の事故は防げたかもしれません。