【また慶應!!】殺人未遂!慶應生、恋人を線路に突き落とす

神奈川県警港北署は6日夜、交際中の女子学生を駅のホームから線路に突き落としたとして殺人未遂の疑いで、川崎市中原区、慶応大法学部3年小沢友喜容疑者(22)を逮捕した。女子学生は膝を打撲する軽傷。

逮捕容疑は6日午後8時55分ごろ、東急東横線日吉駅のホームで、横浜市に住む慶応大法学部3年の女子学生(21)を線路に突き落とし、殺害しようとした疑い。「殺そうとは思っていない」と供述している。

港北署によると、2人は他の同級生と一緒に飲酒した後だった。女子学生は「2次会に行くか行かないかで口論になった」と話している。
共同通信


レイプ事件が記憶に新しい慶應義塾大学ですが、続いて殺人未遂事件とはショッキングな報道です。

被害にあった女子学生(21)も、容疑者の小沢友喜(22)も同じ法学部に通っています。法学部は港区の三田キャンパスのはずですが、事件が起きたのは神奈川県の日吉キャンパスの最寄り駅。サークルか何かの用事で日吉まで言っていたのでしょうか。もし二人が同じサークルに属し、サークル仲間からの恋仲発展だったとすれば、二人の仲は2年以上。痴情のもつれから男子学生が激昂して事件に至ってしまったと考えられます。

警察の発表では

2人は友人らと飲酒した後で、女子学生は「その後の予定をめぐってトラブルになった」と話している

ということになっています。

大学の職員に同情する声も

yukichi

立て続けに、男女間でのレイプ事件や殺人未遂事件に見舞われる慶應大学。塾生としての自覚問われています。

あわせて読みたい

>>【ミス慶応中止】真相はレイプ、大学が揉み消した集団強姦、飲酒強要は隠れ蓑、不祥事の真実【広告学研究会】
>>【ミス慶応】広告学研究会の未成年飲酒強要で中止【画像あり】