【香川高専】ノーベル賞授賞式に招かれた春日貴章さんが凄かった!

日本の高専生が招かれたのは初の快挙です!

スウェーデンで今月10日に開かれるノーベル賞授賞式に、香川高専電子情報通信工学専攻2年の春日貴章さん(23)が招待されました。毎年、科学論文などの功績が認められた学生25人ほどが全世界から招かれるますが、日本の高専生が選ばれるたのは初めてのことです。

AR技術で放射線防護をシミュレーション

春日さんは海外でのインターンシップを経て専攻科(2年制)に進学し、放射線防護教育の研究に取り組んできました。AR技術を使って、物にぶつかった放射線の動きをシミュレートするシステムを開発したそうです。

proxy

春日さんは、18~24歳の学生が対象の「ストックホルム国際青年科学セミナー」に参加する。ノーベル財団の協力で、スウェーデン青年科学者連盟が毎年ノーベル賞授賞式の時期に開いている。参加者は式に招かれて受賞者と交流するほか、ストックホルムの高校生に研究内容を発表する。

セミナーには1987年以降、ほぼ毎年2人が日本から参加している。国際科学技術財団は今回、春日さんと京都大大学院生の松本明宏さん(24)を数十人の応募者の中から選んだ。

春日さんは香川高専(5年制)で学んだ後、海外でのインターンシップを経て専攻科(2年制)に進学。放射線防護教育の研究に取り組んできた。台の上に置いたコンクリートや鉛などの遮蔽(しゃへい)物にぶつかった放射線がどう動くかをシミュレーションし、画面に映し出すシステムを開発。表示する放射線の種類、エネルギーの強さを変えながら、どんな素材をどこに配置すれば放射線を防げるかを確かめられる。考えながら遮蔽物を配置し、人に見立てたアクリル樹脂がいかに放射線の影響を受けないか競うゲーム形式の機能を盛り込み、子どもたちが遊びながら放射線について学ぶことができる工夫もした。

全文を読む<朝日新聞デシタル>




過去には「未踏」で線で「創るフィールドペインター」を発表

学校や競技場などで、運動会やスポーツの大会が開かれる際にライン引きといわれる 石灰の白線を引く道具を使いますよね?それをロボットにやらせよう、という内容の発表になっています。

https://www.ipa.go.jp/files/000028783.pdf

未踏とは?

「未踏事業」は、ITを駆使してイノベーションを創出することのできる独創的なアイディアと技術を有するとともに、これらを活用する優れた能力を持つ、突出した若い人材を発掘・育成することを目的としています。

2000年度から「未踏ソフトウェア創造事業」として開始し、2008年度より若い人材の発掘・育成に重点化すべく再編した「未踏IT人材発掘・育成事業」として現在実施しています。2つの事業を総称して「未踏事業」と呼んでいます。

「未踏事業」で輩出してきた延べ1,600人もの優れたクリエータたちは、既に様々な分野で活躍しています。
これからも「未踏事業」は、独創的なアイデアと情熱を持った若い人材を応援していきます。【詳しくは】

我が国産業の競争力の強化に寄与するようなソフトウェア開発支援、ITベンチャー支援、債務保証等

凄いです。昔から活躍していたんですね。




ネットの反応

>>【ASKA】ミヤネ屋でのやり取りがやばすぎる「ギフハブ(Github?)という組織に盗撮されている」【動画あり】