【本能寺ホテル】万城目学氏から脚本を奪った映画とはこれなのか?

2017年1月14日に全国ロードショーを予定している映画「本能寺ホテル」

「予告編とタイトルからして万城目学氏の脚本でしょ!」と思った方は多かったようだ。しかし実際は違って、同映画の脚本は相沢友子という方によるものです。

ところで万城目学氏は最近のツイートで2年前から制作に携わっていたある映画から脚本を奪われた、コケにされたと投稿しています。

ツイッターではその映画とはずばり、この「本能寺ホテル」ではないかという声が大きくなってきています。




万城目学氏の投稿

経緯を簡単にまとめてみます

万城目氏、2年前からある映画の制作に携わる、そこでオリジナルの脚本制作を担当する

しかし、明確な理由なく作り上げた脚本はボツに、、

万城目氏、脚本をクビになるも「また小説として発表すればいい」と気持ちを切り替える

二年が経ち、出来上がった映画の予告編を見て万城目氏びっくり

万城目氏の書いた脚本が使われているじゃないか(怒)!

万城目氏、抗議するも取り合ってもらえず「撮り直しはしない、映画公開は強行する」

万城目氏泣き寝入り、一連の流れを映画名は伏せてツイート

拡散、ん、その映画って「本能寺ホテルじゃね??」




「本能寺ホテル」とは

「本能寺ホテル」は映画「プリンセス トヨトミ」(2011年)の製作・出演チームが再集結し、製作されています。「プリンセス トヨトミ」の原作は他ならぬ万城目学さんです。

「本能寺ホテル」から漂う万城目作品感、一連のツイートはこの映画のことを指しているのだろうという推測がツイッターで多くつぶやかれています。

本当ならひどすぎる話です

Twitterでは映画は「本能寺ホテル」であると勝手に決めつけ、バッシングしている人が多数いる模様。完全な炎上状態です

この状況に対して万城目氏がコメントしています。




..ツイッターでそんな発言してたらこうなることは予想できてなかったのかい??だったら最初から映画名明かして決死の覚悟で炎上させるか、意味深なツイートなんてしなければ良かったのでは?(個人的な意見です)

>>【炎上】万城目学氏の脚本パクられツイート、別の脚本家が叩かれ、週刊文春にも嗅ぎつけられる