【小林麻央】退院日を決めた、在宅医療か?「余命をどう生きるのか」

がん闘病中の小林麻央さん。

28日のブログ投稿で「思い切って退院日を決めました。」と明かしています。

麻央さんの乳がんはステージ4、いわゆる末期がん状態です。

完治しての退院ではなく在宅医療に移るための退院だと考えられます。

思い切って退院日を決めました

思い切って退院日を決めましたと、決意を固めたそうです。

最後には「えいえいおーー!」と締めくくっています。

〜前略〜
今、何が必要か。
やはり子供達を感じられる環境だと
思います。心の栄養。
帰っても、
自分のことすらしきれない不安は
ありますが、
思い切って退院日を決めました。
先生方も
回復の力を信じて下さっているので
私も信じて、一歩進みます。
えいえいおーー!
http://ameblo.jp/maokobayashi0721/entry-12242207840.html

余命は?在宅医療に切り替えるのか?

>>【小林麻央】ガンが胸やお腹に皮膚転移、痛みがましている。余命は数年か?

麻央さんのガンはステージ4、末期がん状態です。
前日のブログでも皮膚転移を明かしていたように、病状が回復に向かっているとは考えにくい現状です。
実は末期がん患者でもある程度症状が落ち着くと退院させられるようです。
質問サイトに投稿されていた「末期ガンでも退院させられるって本当ですか?」という質問にはこのような回答がなされていました。
義母の場合は入退院を繰り返していましたね。
もう回復の見込みがなかったので長期の入院は無理でした。ガンは末期になっても比較的動けるので、まわりを見ても末期になったからといって長期入院の人はあまり知りません。
私の知る限り家族に見守られながら自宅で生活し、最後の何週間か入院して亡くなるケースがほとんどです。
自宅で亡くなった人もいます。
ひとり暮らしの人もいますが、近くに住む娘さんが最後まで毎日通っていました。
http://komachi.yomiuri.co.jp/t/2016/0411/758324.htm

治療が終われば退院ですね。

療養病院か。
終末緩和ケア病院を探されるか。

このケア病院は治療はしません。
痛み等を除いて穏やかに過ごせるだけです。
1カ月の費用が50万円以上です。

http://komachi.yomiuri.co.jp/t/2016/0411/758324.htm
病院の目的はあくまでも治療のため。
症状が落ち着いたら在宅医療に移ったり、週末緩和ケア病院を探すことになるようです。
退院後は治療ではなく痛みを和らげることに注力することになります。
万が一、容態が急変した場合はまた入院するという繰り返しになります。
がん患者の中には亡くなられるまで何度も入退院を繰り返す方もいるようです。
麻央さんの場合も退院して余命を家族と過ごす選択を決めたのではないかと考えられます。
がん患者にとって周りの人からの温かい言葉や励ましのメッセージが何よりの治療です。
これからも暖かく経過を見守って行きたいですね。
【追記】退院されたようです。