【著作権ヤクザ】JASRACが音楽教室からも搾取する方針「音楽という文化を破壊したいのか」

音楽に関する著作権料をしのぎにし、時に「合法ヤクザ」などと揶揄される日本音楽著作権協会JASRAC

今度は音楽教室での演奏について著作権料を徴収する方針を固めました。徴収額は年間10億~20億円に登ると推定されています。これに対して教室側は反発しており、文化庁長官による裁定やJASRACによる訴訟など混乱が予想されています。

http://media.sairilab.com/?p=5872

生徒も不特定の「公衆」にあたる

JASRACの主張は音楽教室の生徒も「演奏権」の定める所の公衆であるというもの。

これに対して業界側は当然反発、ヤマハ音楽振興会は「教室は教育の場。教室での演奏に演奏権は及ばないと判断している。連絡協議会を2日に立ち上げ、業界での対応を協議する」と話しています。

ヤマハや河合楽器製作所などが手がける音楽教室での演奏について、日本音楽著作権協会(JASRAC)は、著作権料を徴収する方針を固めた。徴収額は年間10億~20億円と推計。教室側は反発しており、文化庁長官による裁定やJASRACによる訴訟にもつれ込む可能性もある。

著作権法は、公衆に聞かせることを目的に楽曲を演奏したり歌ったりする「演奏権」を、作曲家や作詞家が専有すると定める。この規定を根拠に、JASRACは、コンサートや演奏会のほか、カラオケでの歌唱に対しても著作権料を徴収してきた。

音楽教室では、1人または数人の生徒と教師が練習や指導のために楽曲を演奏する。JASRACは、生徒も不特定の「公衆」にあたるとして、この演奏にも演奏権が及ぶと判断。作曲家の死後50年が過ぎて著作権が切れたクラシック曲も使われる一方、歌謡曲や映画音楽などJASRACが管理する楽曲を使っている講座も多いとみて、著作権料を年間受講料収入の2・5%とする案を検討している。7月に文化庁に使用料規定を提出し、来年1月から徴収を始めたい考えだ。

全文を読む<朝日新聞>

ネットの反応

音楽という文化を破壊したいのか?

文春砲を期待するしかない

練習するのに著作権をって、おかしくない?音楽の普及が目的でしょ?

ピアノ発表会もダメってこと

今に小学校の音楽授業や幼稚園のお遊戯まで徴収しそうだな

JASRACが著作権料徴収しても、JASRACの取分に消えて著作権者に充分な分配が行かないことが一番の問題。全くフェアじゃない

エイベックス応援するわ

>>【宇多田ヒカル】「著作権料なんか気にしないで無料で使って欲しい」【JASRAC】

http://media.sairilab.com/?p=5872