【仁義の報復】埼玉愛犬家殺人事件の裏側をヤクザ親分が暴露【髙田燿山】

仁義の報復 元ヤクザの親分が語る埼玉愛犬家殺人事件の真実【電子書籍】[ 高田燿山 ]

Amazonの事件一般関連書籍カテゴリでベストセラーとなっている「仁義の報復」が注目を集めています。

埼玉愛犬家殺人事件を読者はご存知でしょうか?

事件が発覚したのは1993年のこと。

容疑者は当時ペットショップを営んでいた関根元と風間博子夫婦。彼らはバブル崩壊による経営難から、詐欺まがいの方法で高額で犬を顧客に売りつけていました。

夫婦の真の恐ろしさは、購入した顧客の家に忍び込み、犬を殺害し、ペットを失った顧客の悲しい気持ちを利用し、再び高額で犬を購入させるという残忍なビジネスを裏で行っていたことでした。

中には夫婦のやっていることに気づいた顧客もいましたが、夫婦は彼らを殺害し、死体が残らないように完璧に処理していたのです。

この事件では警察の懸命な捜査によって4人の被害者が立件されていますが、その中のひとりにヤクザがいました。

この事件の裏で、その親分・髙田燿山がキーマンになっていたことを知る人は少ないでしょう。

髙田燿山は稲川会直参で会長秘書も務めていたヤクザの中のヤクザ。「仁義の報復」では当時警察よりも先行していたとされるヤクザネットワークを駆使した血なまぐさい捜査、警察とヤクザのやり取りや被疑者に司法取引を持ちかける検事など、事件の闇が余すところなく綴られています。

埼玉愛犬家殺人事件

遺体を完全に消失させ、完全犯罪を目論む関根容疑者。

立件されたのは4人の被害者のみだが、周辺では不穏な愛犬家の失踪が相次いでいました。

ペットショップの経営実態埼玉県熊谷市にある元夫婦、関根元と風間博子が経営するペットショップ「アフリカケンネル」は詐欺的な商売を繰り返しており、顧客らとの間でトラブルが絶えなかった。経営する元夫婦関根と風間は、アラスカン・マラミュートのブリーダーとして名が知られていた。しかし、バブル崩壊後の売り上げの減少に加え、豪華な新犬舎兼自宅の建設などにより、借金がかさみ、店の経営に行き詰まった。殺害方法トラブルの発生した顧客らを、知り合いの獣医師から譲り受けた犬の殺処分用の硝酸ストリキニーネを用いて毒殺し、計4人が犠牲となった。遺体は店の役員山崎永幸方の風呂場でバラバラにされた上、骨はドラム缶で焼却された。それらは群馬県内の山林や川に遺棄され、「遺体なき殺人」と呼ばれた。

1994年(平成6年)1月、大阪愛犬家連続殺人事件の被疑者を逮捕。本事件とは無関係であるが、埼玉でも同様に愛犬家が失踪しているとの噂が流れ始めた。2月からはマスコミが取り上げるようになり、事件が表面化。関根が身の潔白を主張する一方、行方不明となった犠牲者の家族は事件性を訴え続けた。同年12月、山崎の証言を基に被害者の遺骨や遺留品を発見。1995年(平成7年)1月5日、関根と風間は逮捕された。物証がほとんど残されていないため、唯一一貫した供述をし、証拠の発見に協力した山崎の証言を元に、事件が立証されていった。しかし、山崎は検察官との間に密約があったことを、自身の公判で証言。約束を反故にされたとして、関根と風間の公判では証言拒否の構えを見せた。

全文を読む<Wikipedia>

関根元の残忍性

店の役員山崎永幸方の証言によって関根元の残忍な性格が明らかになっています。

遺体なき殺人と呼ばれたこの事件、関根の自身の犯行方法を表した「ボディを透明にする」という言葉は当時大きく注目されました。

共犯の山崎によると関根は「殺しのオリンピックがあれば、俺は金メダル間違いなしだ。殺しのオリンピックは本物のオリンピックよりずっと面白い」「そのうち、俺は殺しの世界で一番の男になりたいと思うようになった。人間なんでも一番にならなきゃ駄目だ。殺しにかけては俺がいまナンバーワン」「死体がなければただの行方不明だ。証拠があるなら出してみろ。俺に勝てる奴はどこにもいない」「最初は俺も怖かったが、要は慣れ。何でもそうだが、一番大事なのは経験を積むこと」「臭いの元は肉だ。そこで透明にする前に骨と肉をバラバラに切り離すことを思いついた」「骨を燃やすのにもコツがいる」などのコメントを残している。

普段は虚勢を張っている一方で、根は小心者で神経質という一面もあった。完全犯罪を目論んで完璧な証拠隠滅を図った犯行にも、その性格が現れている。逮捕されないことに絶対的自信を持っていた反面、常に怯えていたと、山崎は語っている。

全文を読む<Wikipedia>

被害者の一人にヤクザ、裏で動いていた報復暗殺計画

まるで小説のようですが、子分を殺された親分こと髙田燿山は関根の暗殺を企てていました。

髙田は犯行仲間と思われるチンピラを誘拐し、関根との会話を盗聴させたり、関根を組事務所に呼び出して、「てめーがやったんだろう」と迫ったりと警察には出来ない血なまぐさい捜査を行っていました。

関根の事件への関与を見抜いた高田は報復を決意しますが、その動きを警察に察知されてしまい動けなくなってしまいます。

高田はそこで逆に、関根との会話の盗聴テープを警察に提供し、捜査の進展を大いに早めました。

まとめ

髙田燿山著の「仁義の報復」では事件の裏話がこと細かに書かれています。共犯者である山崎が警察と司法取引によって罪を逃れたこと、そのために裏で活躍した検事の話などは貴重で、事件ノンフィクションとして読む価値は高いです。

ただ、高田にはかなりスピリチュアルな思想があるらしく、関根が怪しいと判断した一番の理由について本書では「チャクラが覚醒した者のみが見える眼で関根の犯行がわかったのだ」としています。

..とは言え、元ヤクザともあってえぐい内容を淡々と綴った本書はかなり評価が高いようです。

「仁義の報復」

仁義の報復 元ヤクザの親分が語る埼玉愛犬家殺人事件の真実【電子書籍】[ 高田燿山 ]