【福島県】謎のバルーン状不審物の正体は何?「青い液体にタイマー」【二本松市】

シェアする

福島県で相次いで見つかっている巨大不審物。

県内複数の場所で発見されたのは、長さ9メートル、幅2メートルという人間よりはるかに大きいサイズのバルーン。その先端には青い液体とタイマーが付いていました。

”バルーンによる空中からのバイオテロ?”と、思わず悪い想像を巡らせてしまう組み合わせ。

一体誰が何の目的で?




福島県二本松市、川俣町、伊達市で相次いで発見

何かの実験で使われたものなのでしょうか?

福島県という場所には何か意味があるのでしょうか?

警察の捜査によると危険性はないとのことですが、見つけた場合は触らずに通報しましょう。

1日の午前9時過ぎ、二本松市で近くを通った人が筒状のバルーンのようなビニール製の物体が落下しているのを見つけ、110番通報した。長さ9メートル、幅2メートルほどあり、下に透明なビニール袋に入った青い液体とタイマーのようなものがついていた。同じような不審物が午前8時から9時過ぎに川俣町や伊達市でも見つかっている。

県警機動隊が検査した結果、危険性はないということだが、警察は物体を見つけたら触らず、通報するよう呼び掛けている。

全文を読む<NNN>

追記

韓国が北朝鮮に向けて飛ばしたバルーンである可能性が高いことが分かりました。

情報規制が激しい北朝鮮に情報を与えようと、バルーンに新聞や雑誌をくくりつけて飛ばすというイベントが韓国では行われているようです。

今回のバルーンもそれらが海を超えて飛来したものだと考えられそうです。

青い液体やタイマーは重りか何かなのでしょうか?

 昨年9月以降、韓国から北朝鮮に向けて飛ばしたとみられるバルーンが秋田、山形両県など各地で見つかっており、県警は同様のバルーンとみて調べている。




ネットの反応

VXじゃね?

不気味。

何かのプロローグのよう

化学兵器テロごっこですか

どこの国からきたの?

イタズラだったらタチが悪すぎる。




シェアする

フォローする