【北陸新幹線死亡事故】「撮り鉄」が「上田ハープ橋」から降りた!?

2年前から操業開始していた北陸新幹線での初の死亡事故。

2017年3月5日22時20分ごろ、長野県上田市小牧の北陸新幹線で起きた人身事故には謎が多いとネットで話題になっています。

報道によると、東京発金沢行きの「かがやき519号」が佐久平―上田駅間を走行中に運転士が異音を感知し、停止して車両点検などを行った所、線路内に立ち入った人がおり、はねられ、死亡したことが分かりました。

事故が起きた佐久平―上田駅間は高架のみで簡単には線路に侵入できないとのこと、いったいどのようにして事故はおこったのでしょうか?

上田ハープ橋が怪しいと話題に

長野県警上田署は7日、同県上田市の北陸新幹線で5日に走行中の車両にはねられて死亡したのは同市の男性(34)と発表した。同署は男性が撮影目的で線路に侵入し、ひかれた可能性があるとみている。

〜略〜
上田署によると男性は過去に、線路内に侵入し、自ら撮影した鉄道の写真をツイッターで公開していたとみられる。男性が線路に立ち入った経路について、同署は「推定される場所はあるが、模倣されるおそれがある」として公表していない

全文を読む<毎日新聞>

場所については模倣される恐れから公表されていません。

しかしネットでは、千曲川に架かる通称「上田ハープ橋」と呼ばれる北陸新幹線の橋から線路に立ち入ったのではないか、という説が有力視されているようです。

そこでは市道の橋と線路が交差しており、フェンスを超えれば線路に侵入することは可能です。

「上田ハープ橋」は「撮り鉄」では有名な場所。新幹線の写真を正面から撮ることができる絶好のスポットとして人気だそうです。


実際に現場検証なども行われているようです。


ネットの反応

ミンチになったとおもうけど、全部拾えたのかな?

新幹線が可哀想

なんだ撮り鉄か。。

そりゃ、故意で乗り越えたら線路に立ち入り死亡事故も起こりますわな。

線路内の立ち入りは、理由関係なしに損害請求を義務にするべき。

マナーを守らない撮り鉄がはねられたってわけか