【炎上】山田哲人のホームランを台無しにした少年、住所や名前まで特定されてしまう

シェアする

事が起きたのは本日開幕したWBCの日本vsキューバ戦。

試合途中、山田哲人が打ったホームランボール。しかし、あろうことか観客席の一番前でキャッチャーミットを片手にスタンバイしていた小学生が観客席から身を乗り出してこれをキャッチ。

これによってビデオ判定が行われ、山田哲人の本来ならばホームランと成るはずだったボールは幻となってしまったのです。

少年はとったボールを片手に「ナイスキャッチ」とご満悦の様子をTwitterに投稿しますが、ゲーム展開を壊しかねない”やらかし”に非難が殺到し大炎上してしまいます。

ネットでは面白がって少年を誹謗中傷したり個人情報をさらしたりなど、到底許されるべきではない行為をする人が続出しているようです。




問題のシーン

少年が手を身を乗りだしてボールをキャッチする様子がしっかり映っています。

ナイスキャッチ

「ナイスキャッチ」と周りにいた友人でしょうか?

Twitterに投稿されたこの画像はたちまち炎上してしまいました。

(顔は映らないように配慮しています:SairiMedia)

結果として日本は優勝したのですが、Twitterでは一時トレンド入りするレベルでこのホームラン台無し少年は炎上してしまいました。少年は純粋にホームランボールをキャッチしたかっただけの気持ちで悪気はなかったのでしょう。

しかし面白がって拡散する人達によって、一部では名前や所属するクラブや学校名、さらには住所までネットで晒されてしまっているようです。

小学生相手にここまでやる人たちは一体何が楽しいのでしょうか?




ネットの反応




シェアする

フォローする