【昭和病院】ノロウイルス集団感染で女性2人が死亡!なぜ?【群馬県高崎市】

シェアする

群馬県高崎市の昭和病院でノロウイルスの集団感染があり、入院していた80代の女性2人が亡くなりました。

昭和病院では入院患者や職員の50歳代~100歳代の男女計12人がノロウイルスによる感染性胃腸炎と確認されていました。

なぜこのような集団感染が発生してしまったのでしょうか?




ノロウイルス集団感染発生のお知らせ

最初にノロウイルス感染が患者に確認されたのは2月20日とのことです。

しかし感染経路についてはと特定に至らなかったようです。

入院している免疫力が低い患者を中心に感染が広がってしまったのでしょうか?

当院では、現在、ノロウイルスによる集団感染が発生しておりますので、お知らせします。 平成29年3月3日、午後4時、ノロウイルス集団感染による死亡者2名(80歳代女性)が認められた ため、高崎保健所に届出ました。 翌3月4日に院内感染に関する調査、指導を当院に於いて高崎保健所職員から受けました。 現在のところ、当該死亡者のほかに、嘔吐、下痢の症状がある患者で重篤な症状を呈している人はおりま せん。 現在、職員一丸となって感染終息に向けて努力しておりますが、関係者には大変なご迷惑をお掛けしてお りますことを心よりお詫び申し上げます。

ノロウイルスによる感染性胃腸炎の症状がある者について(※3月4日現在延べ人数)

① 人数 : 入院患者 11人(検査陽性11人、うち2名死亡) 職員1人(検査陽性 1人) …計12人

② 年齢 : 50歳代~100歳代

③ 性別 : 男性1名・女性11名

④ 症状 : 発熱、嘔吐、下痢、腹痛

⑤ 初発患者: 2月20日に発症 (感染経路について調査しましたが、特定には至りませんでした。)

昭和病院




ネットの反応

ただでさえ感染力強いノロなんだから病気で体力落ちてる患者を抱えてる病院は細心の注意を払ってほしい

外来客が持ち込んだかもしれないし特定は厳しいだろうな

ノロかかったことあるけど80歳の高齢には耐えられないだろうな

ノロは手を洗いましょうレベルでは防げないくらい感染力強い印象がある




シェアする

フォローする