【ネコ屋敷】強制執行されるも男性は猫120匹を連れて失踪!画像あり【埼玉県深谷市】

シェアする

120匹ものネコを連れてどこに?

8年前から男性はネコを拾ってきては育て、埼玉県深谷市にあるその家は“ネコ屋敷”と呼ばれていました。

家賃滞納のために9日、強制執行によって大家のもとに家は返されたのですが、家は糞尿だらけで異臭が立ち込めていたといいます。

そして当の男性はネコ約120匹を連れて忽然と姿をくらましていたというのです。




「本当にふん尿だらけ。言葉では言えないくらいひどいです」

家の中に入った動物保護団体のスタッフは「本当にふん尿だらけ。言葉では言えないくらいひどいです」とコメントしていました。

しかしこの男性120匹ものネコを一体どのようにして連れ出したのでしょう。

全てのネコを躾けていたのでしょうか?それとも処分したのでしょうか..?

真実を知っているのは残ったネコ一匹のみです。

埼玉・深谷市で9日、“ネコ屋敷”として知られる家が強制執行により引き渡された。この家に住んでいた男性の姿はすでになく、120匹いたはずのネコのうち、保護されたのは1匹のみ。男性は、すでにネコを連れてどこかに行ったとみられている。

全文を読む(映像あり)<NNN>




ネットの反応(ΦωΦ)

その数の猫を連れて隠れるとかできるのww?

まさか処分したりしてないよな?

さすがにこの数は凄い

ネコと会話できそうこの人

山に棄てたり海に棄てたりしてないよね!?

実は120匹の猫が合体してその保護された猫1匹になった説




シェアする

フォローする