【ディズニーランド】水処理施設から嬰児遺体、園内トイレで流産か?【TDL】

シェアする

東京ディズニーランドの水処理施設から乳児の遺体が点検業者によって発見されたというショッキングなニュースが話題になっています。

県警によると発見された乳児は生後間もない15〜20cm低度の大きさで、いわゆる嬰児。遺体は園内から流れ込んだ可能性が高いとのことです。

何者かが園内のトイレで流産してそのまま流したのでしょうか?

夢の国であってはならない悲劇にネットは騒然としています。

体が見つかったのは園内のトイレの汚水を処理するための施設

警察は遺体を司法解剖して詳しい死因などを調べています。

流産なのでしょうか?

遊園地ですし妊娠していることを知らずに、激しいアトラクションなどでお腹に衝撃を与えてしまっていたのかもしれません。

発見された嬰児の大きさから推測するに、産み落とした人は妊娠4ヶ月程度だと考えられます。まだ妊娠の自覚症状が出ないことが多い時期なので、本人は妊娠に気がついていなかった可能性が高いです。

 16日午後1時50分ごろ、千葉県浦安市舞浜1の東京ディズニーランド(TDL)に隣接する水処理施設内で、定期点検をしていた委託業者が「えい児の死体のようなものがある」と、TDL職員を通じて浦安署に通報した。同署員が駆け付けたところ、施設内のろ過装置部分で、えい児の遺体を見つけた。同署で死因や産み落とされた経緯などを調べている。

 県警によると、遺体は生後間もなく15~20センチの手のひらぐらいの大きさ。性別は不明で腐敗などはなかった。遺体が見つかったのは園内のトイレの汚水を処理するための施設で、TDLが管理。普段から施錠されており、一般の立ち入りはできないという。TDL以外からの汚水は流れ込まないため、遺体は園内から流れ込んだ可能性があるという。

全文を読む<千葉日報>

ネットの反応

夢の国で流産とか・・悲しい

そのくらいの大きさだとまだ流産の時期

痛みがあったと思うし流産したことは気づいてるんじゃないかな

泣く泣く流したってこと?

亡くなられた赤ちゃんの御冥福をお祈り申し上げます

シェアする

フォローする