【エタラビ倒産】脱毛サロン負債総額は約50億、9万人の会員を抱えたまま

美容脱毛サロン「エターナルラビリンス」を運営する株式会社グロワール・ブリエ東京が倒産するというニュース。

「そもそも名前がやばい」、「美容エステ業界厳しいのか」などとネットで話題になっています。

9万人もの一般会員を抱えたまま倒産してしまった「エターナルラビリンス」。一体何故?

負債総額は約49億6400万円

28年8月24日には消費者庁から新規勧誘などの一部業務の停止命令(9カ月間)を受けていたとのことです。

脱毛サロンといえば車内広告などで頻繁に見かけるように、宣伝にとにかく力を入れていた印象でしたが実際はあまり儲かっていなかったということなのでしょうか?

「エターナルラビリンス」の従業員は「ミュゼ」に引き取られるということです。

会員についてはどうなってしまうのでしょう…解約したら返金されるのでしょうか?

>>【エタラビ倒産】一般会員の解約手続きは?返金はされるの?

株)グロワール・ブリエ東京(TSR企業コード:295863757、法人番号:2010001140172、港区北青山3-6-7、設立平成15年12月、資本金1000万円、船田正司社長)は4月5日、東京地裁から破産開始決定を受けた。破産管財人には進士肇弁護士(篠崎・進士法律事務所、港区西新橋1-7-2)が選任された。今後、管財人室が設置される予定。
負債総額は約49億6400万円(平成28年9月期決算時点)だが、変動する可能性がある。

〜略〜

脱毛サロン「エターナルラビリンス」など全国に約100店舗を展開していた。近年、急激に事業が拡大し、平成26年9月期には売上高約28億円をあげていた。しかし、脱毛サービスや支払方法などを誤認させる広告、解約金の不当な遅延、不払い等により、28年8月24日に消費者庁から新規勧誘などの一部業務の停止命令(9カ月間)を受けた。そのため、解約が急増し、財務や資金繰りが急速に悪化し、事業継続が困難な状況に陥った。

〜略〜

同年9月23日、(株)RVH(TSR企業コード:350646783、法人番号:5020001030519、東京都港区、東証2部)から資金支援を受けるとともに、同社子会社(株)ミュゼプラチナム(TSR企業コード:300036639、法人番号:3011001092832、渋谷区、以下ミュゼ社)との間でスポンサー支援に関する基本合意書を締結し10月1日、RVH社とミュゼ社が当社グループの従業員を引き受けた。

(株)グロワール・ブリエ東京ほか1社の速報をご覧いただけます。

ネットの反応

ミュゼも一時、ヤバイとか言われてたけど大丈夫なの?

ミュゼに事業譲渡したなら、会員もミュゼが引き受けるのでは?

そろそろメンズエステなんて商売が終わりなんだよ

エラーナルラビリンスって名前からしてヤバいな。

ミュゼもうさんくさい。トリンドルの広告を見て、わき毛がずいぶん濃いんだなと思った。