【エタラビ倒産】一般会員の解約手続きは?返金はされるの?

シェアする

美容脱毛サービスを展開していた「エターナルラビリンス」の倒産。

>>【エタラビ倒産】脱毛サロン負債総額は約50億、9万人の会員を抱えたまま

9万人もの会員を抱えたまま倒産した「エターナルラビリンス」。会員は解約手続きなどで返金して貰うことはできるのでしょうか?




破産手続について

すでに払った施術料金は返金される?

すでに払った施術料金の返金についてこのように説明されていました。

破産した会社の残った資金をすべてかき集めたものを規定に従って分配するようです。

つまり全額が返金されることは殆ど期待できないのではないでしょうか?

Q2.破産手続内で既に支払った施術料金の返金を受けられるのか。

A2.破産手続においては、破産管財人が、破産者のすべての資産を換価・現金化し、そのようにして集まった財団から、法律の規定に従って債権者の皆様に弁済ないし配当を行っていくこととなります。
もっとも、GB社及びMP社は、破産手続開始の申立前にほとんどの資産を株式会社ミュゼプラチナム(以下「ミュゼ社」といいます。)に譲渡済みであり、その対価については運転資金としてそのほとんどが費消されていることから、現在GB社及びMP社には見るべき資産はほとんどなく、現時点においては一般債権者への配当は極めて困難な見通しです。
なお、各店舗は、既にGB社やMP社の店舗ではなく、ミュゼ社が運営する店舗となっておりますので、返金その他GB社やMP社に関することで店舗を訪問されても対応することはできませんので、悪しからずご了承願います。

エターナルラビリンスの店舗はどうなる?

「エターナルラビリンス」や「ラットタット」の店舗は現時点では閉鎖されていますが、運営を引き継いだミュゼ社によって再オープンされる予定だそうです。

Q4.「エターナルラビリンス」「ラットタット」の店舗が閉鎖されているが、どうなっているのか。

A4.美容脱毛サロン「エターナルラビリンス」等の運営会社であるGB社及び同社の子会社であり美容脱毛サロン「ラットタット」等の運営会社であるMP社は、平成29年3月24日付で、両社の営む美容脱毛サロンに係る事業(以下「本件事業」といいます。)について、ミュゼ社との間で事業譲渡契約を締結しております。ミュゼ社は、「エターナルラビリンス」「ラットタット」の店舗で営む事業の大半を承継しましたが、改装して新たな店舗名で再オープンするため、平成29年4月1日から同年4月14日まで店舗を閉鎖していると聞いております。
各店舗は、既にGB社やMP社の店舗ではなく、ミュゼ社が運営する店舗となっておりますので、返金その他GB社やMP社に関することで店舗を訪問されても対応することはできませんので、悪しからずご了承願います。

解約したらお金は返金されるの??

恐らく会員の多くの人が気になる内容です。

契約にもとづいて解約することは勿論可能とのことです。

解約することで既に支払った代金を返還するよう請求する権利を得ることができます。

しかし…

“現在両社には見るべき資産はほとんどなく、一般債権者への配当は極めて困難な見通しです。したがって、契約を解約または解除したとしても、実際に返金を受けることはたとえ一部であっても極めて困難です。”

つまり契約解除した所でお金は返ってこないようです。

Q7.施術を受けられないなら、契約の解約をしたい。解約すれば既に支払った代金は返ってくるのか。

A7.契約に基づく中途解約(この場合、違約金が発生します。)は可能です。また、GB社及びMP社が破産して既に施術をできないことが確定している以上、債務不履行に基づく解除をすることも可能です。解約または解除を希望される場合には、次のメールアドレス(info@gbmp-toiawase.com)に住所、氏名、電話番号、会員番号、契約店舗をご記入の上、ご連絡ください。
もっとも、解約または解除の結果、顧客の皆様はGB社またはMP社に対して既に支払った代金を返還するよう請求する権利を取得することになりますが、現在両社には見るべき資産はほとんどなく、一般債権者への配当は極めて困難な見通しです。したがって、契約を解約または解除したとしても、実際に返金を受けることはたとえ一部であっても極めて困難です。
なお、ミュゼ社による「エターナルラビリンス」「ラットタット」の顧客向けの優遇措置は、未消化の施術の権利が残っているか、それとも解約済みであるかによって異なるようですので(http://www.e-laby.com/にリンクがあります。)、解約または解除を検討するにあたってはその点も併せてご検討いただくのがよいと思います。




まとめ

より詳しい情報は下記URLを参考にして下さい。

問い合わせ窓口も開設されているようです。

Q11.個別に問い合わせをしたいことがあるが、どこに連絡をすればよいのか。

A11.連絡先は下記のとおりですが、誠に申し訳ありませんが、多数の顧客の皆様からの電話での問い合わせに個別に対応させていただくのに十分な体制を構築できません。お電話をいただいても、大変つながりにくく、またつながったとしても破産管財人団の弁護士が直接対応できず、委託先業者より、当ホームページをご参照下さいとの回答をさせていただくだけの状況が続くことが予想されますので、電話でのお問い合わせはできるだけお控え下さるようお願い申し上げます。
破産管財人団の弁護士に個別にお問い合わせいただく場合は、下記の連絡先へのFAXまたは下記住所への郵便の方法でお願いしたいと存じます。皆さまには大変なご不便をおかけしますが、関係者が極めて多数にのぼる本件事案の特殊性をご理解くださるようお願いいたします。

【お問い合せ先住所】
〒105-0001
東京都港区虎ノ門2-1-1 商船三井ビルディング4階
みなと協和法律事務所内
破産者株式会社グロワール・ブリエ東京
破産者ミスプレミアム株式会社
破産管財人室
TEL 03-6427-3066

(受付時間:月曜から金曜までの午前10時から午後5時まで。なお、電話でのお問い合わせはできるだけお控え下さい。)
FAX 03-5545-8076




シェアする

フォローする