【ブックオフ】業績不振の社長交代、後任の堀内康隆で立て直せるのか?

「BOOK OFF」の経営で知られるリユース事業を手がける業界大手のブックオフコーポレーション。しかし2017年3月期の営業利益は4億円の赤字になる予想です。

主力商材である本・ソフト・アパレルの販売が低迷している同社を立て直すべく、後任として代表取締役に昇格した堀内康隆とはどのような人物なのでしょうか?

松下展千社長→後任に堀内康隆取締役執行役員が昇格

Kindle等の登場でネットで本を読むことが当たり前になってきたり、ネットオークションやメルカリなどで不用品をネットに出品できるようになった今、従来のリサイクルショップはすでに時代遅れなのでしょうか?

ブックオフコーポレーションは4月10日、松下展千社長が代表権のない取締役に退き、後任に堀内康隆取締役執行役員が昇格したと発表した。「経営体制変更により、業績の早期回復および企業価値の向上を図るため」と説明している。

全文を読む<ITmedia>

後任、堀内康隆のプロフィール

堀内 康隆(ほりうち やすたか)氏の略歴がこちら。

略歴

平成11年4月
中央クーパース&ライブランドコンサルティング株式会社(当時)入社
平成16年8月
トーマツコンサルティング株式会社(現デロイトトーマツコンサルティング株式会社)入社
平成18年3月
当社入社
平成20年4月
当社執行役員管理副本部長
平成21年6月
当社取締役執行役員管理本部長
平成24年4月
当社取締役執行役員 兼 経営企画部長
平成25年4月
当社取締役執行役員
平成27年4月
当社取締役執行役員 兼 ブックオフオンライン株式会社代表取締役社長
平成28年1月
当社取締役執行役員 兼 ブックオフオンライン株式会社代表取締役社長 兼 株式会社ブクログ代表取締役社長
平成28年3月
当社取締役執行役員 兼 経営企画部長 兼 ブックオフオンライン株式会社代表取締役社長 兼 株式会社ブクログ代表取締役社長
平成28年6月
当社取締役執行役員 兼 経営企画部長 兼 株式会社ブクログ代表取締役社長
平成29年4月
当社取締役執行役員 兼 株式会社ブクログ代表取締役社長
平成29年4月
当社代表取締役社長 兼 株式会社ブクログ代表取締役社長(現任)
https://www.bookoff.co.jp/corporate/company/officer.html

平成18年に入社し、買取宅配サービスのブックオフオンラインやWEB本棚サービスのブクログで代表取締役を努めてきた人物です。

この先どのように経営を立て直していくのか、手腕が問われるところです。


ネットの反応

買い取りが超激安で、ゴミを高値で売ってるw

ヤフオクでいい

カフェにでもしたら?

うこのビジネスモデルは破たんしているということ

薄利多売の多売になっていない。

家電扱い始めたのが、赤字の原因らしいな。

手間を惜しまなければ、ヤフオクやメルカリで売る方が高くつくしね