【本田理沙】芸能界引退はストーカー被害!感音性難聴を患う程

1997頃、結婚を機に引退していた本田理沙さん。

実は引退の理由がストーカー被害だったことを明かしました。

その事実が明かされたのは8日放送のフジテレビ系「バイキング」にVTR出演した時。

「ファンを見るたびにもどすようになってしまって。精神的に追い込まれていった」と心に傷を負い、そのショックから感音性難聴を患ったといいます。

現在もその症状に悩まされているという本田さん。

ストーカー被害の内容や感音性難聴についてまとめました。

『動くな。俺はナイフを持ってるから』

本田さんがVTRで明かしたストーカー被害は生易しいものではありませんでした。

ナイフで脅されたという本田さん。死の恐怖を感じるほどの恐怖を味わいましたが、なんとか助かっていたようです。

結局犯人は捕まっていないというのが恐ろしい話です。

デビュー後の高校生当時、自宅のエレベーターに乗った際に暴漢に襲われたという本田さん。「エレベーターのドアが閉まったときに一緒に乗ってきた男の人に後ろから羽交い締めをされまして、『動くな。俺はナイフを持ってるから』って。密室でナイフを持ってるって言われて、もうわたしはこれで死ぬんだな、全部終わりだなって思いました」と、まだわずかに震える声で当時を語った。

さらにその後、1人暮らしを始めた自宅でくつろいでいるところに、赤いランプの懐中電灯を手にした男が侵入してきたという。パニックに陥りながらも「大きな声で『ぎゃー』って叫びながら、窓を開けて『助けてー!』って大きな声で叫んだ」。そして2階の部屋の窓から飛び降りようとしていたとき、その下を通りかかった2人の青年に助けられたと明かした。

その青年の1人が俳優の金山一彦。金山もVTR出演し「ギャーって声が聞こえた、尋常じゃない叫び声が。『とりあえずそこから降りなさい。僕が下で受け止めるから、飛べ!』」とその当時の様子を振り返った。

受け止めた女性が本田さんだったことに気づき、声を掛けるも本田さんは話が出来る状態ではなく、「気が動転しているし、震えてる。相当怖かったんだと思います」と語った。

全文を読む<日刊スポーツ>

ネットの反応

実際多いんだろうな。

てか誰?

結局、犯人は捕まらなかったのかな?

志村の番組によく出てたね。

事務所やマネージャーは何をしてたの?無能すぎ

芸能人はストーカーの被害は多そう