【 敷島製パン工場】女性がベルトコンベヤーに挟まれた原因は?

報道によると11日午前、東京・昭島市のパン工場で、22歳の女性従業員がベルトコンベヤーに挟まれて意識不明の重体に陥るという事故が発生しました。

救急隊に救助された女性は病院に搬送されましたが、依然意識不明の重体だそうです。

なぜこのような事故が起こってしまったのでしょうか?

部屋の清掃をしようとしたところ機械が動き出し、、

女性がベルトコンベヤーの焼けた食パンを冷ます部屋の清掃をしようとしたところ、機械が動き出してしまったようです。

機械トラブルなのか人為的なミスなのかは明らかになっていないようです。

機械の安全装置などは作動しなかったのでしょうか?

 午前9時半すぎ、昭島市武蔵野の「敷島製パンパスコ東京多摩工場」から「従業員が機械に挟まれた」と119番通報がありました。救急隊が駆け付けたところ、22歳の女性従業員が工場内のベルトコンベヤーに挟まれていました。女性従業員は近くの病院に搬送されましたが、意識不明の重体です。警視庁によりますと、女性従業員が焼けた食パンを冷ます部屋の清掃をしようとしたところ機械が動き出し、挟まれてしまったということです。警視庁が事故の原因を詳しく調べています。

全文を読む<Yahoo News>

ネットの反応

意識が戻ることを祈ります。

意識戻って欲しい。頑張れ!!!

想像しただけで血の気が引ける

どうか助かって下さい、祈っております。

機械の安全装置やセンサーは、どうなっていたんかな?

会社側の作業手順を厳しくチェックしてほしいですね。