【海老蔵】小林麻央さん基金の設立を発表?ピンクリボンで良くない?

小林麻央さんが乳がんで亡くなられてから早一ヶ月。夫の海老蔵さんが「小林麻央さん基金」を設立すると発表!?

報道によると29日に長野県・志賀高原で行われた植樹プロジェクト「ABMORI 2017」に、長女、長男を連れて参加した際、乳がん患者を救うための「麻央さん基金」設立を目指すことを明らかにしたようです。

このニュースにネットでは「ピンクリボンなどの既存の基金の応援じゃダメなの?」「基金って元々莫大な資産がある状態から始まるものでしょ?19億の借金がある海老蔵が始める意味あるの?」と疑問が多数寄せられているようです。

「麻央さん基金」に関する情報やネットの反応をまとめました。

『ピンクリボン』じゃないですけど

小林麻央さんのブログ英訳を始めたりなど次々にアイデアを形にしている海老蔵さん。

乳がん闘病の様子を逐一ブログで報告していた小林麻央さんの死去は悲しいニュースでした。 これまで麻央さんを支えてきた夫の市川海老...

今度は「麻央さん基金」ですから驚きです。

「『ピンクリボン』じゃないですけど、そういうものが麻央の思いとしてできればいいな」、と既存の基金ではなく、麻央さんの名前にこだわった基金を作りたいという意思を明らかにしました。

 その一つが今回の“麻央さん基金”だ。海老蔵は「彼女自身は、自分が元気になったら同じような病気と闘っている人の力になりたいという思いがあった。『ピンクリボン』じゃないですけど、そういうものが麻央の思いとしてできればいいな」と、設立への思いを口に。まだ具体的な道筋はついていないが、「どういう形がいいかは難しいので、いろんな人に話を聞いて」と真剣なまなざしだった。

全文を読む<デイリー>

ピンクリボンではだめなの?

乳がんに関する基金といえば「ピンクリボン運動」が有名です。

乳がんの早期発見の手段と重要性を国中に広げるための活動がピンクリボン基金によって行われています。

世界的に有名なピンクリボン運動を応援すればいいものを、わざわざ新しく「麻央さん基金」を作る意義は果たしてあるのでしょうか?海老蔵さんは一度冷静に考え直した方が良いのではないでしょうか?

ピンクリボン運動とは

乳がんについての正しい知識を多くの人に知って頂き、その結果乳がんから引き起こされる悲しみから一人でも多くの人を守る活動です。

ピンクリボン運動のはじまり(1980年代)

ピンクリボン運動は、アメリカの乳がんで亡くなられた患者さんの家族が“このような悲劇が繰り返されないように”との願いを込めて作ったリボンからスタートした乳がんの啓発運動です。乳がん患者が増えつつあった1980年代のアメリカで始まり、行政、市民団体、企業などが乳がんの早期発見を啓発するためのイベントを展開したり、ピンクリボンをあしらった商品を頒布してその売り上げの一部を財団や研究団体に寄附するなど、積極的に取り組み、市民や政府の意識をかえました。

ネットの反応

基金ってお金を集めるのを遺族がやるのはどうなのかなぁ

既にある基金に寄付ではだめ?自分の使命は歌舞伎と子供を育てることでしょ

よくもまぁ、次から次へと話題が尽きないね。

麻央さんのblogの収入を麻央基金にした方がいいと思う。

どうしても目立ってないとダメなのか?そう思えてしまう。

なんかがズレてる気がする。

あれこれ基金を作られても困るし既存の基金を宣伝するとかで協力して欲しい。あっ、あくまで自分中心じゃないといけないのかハイハイ