【日本大豊山高】新潟八海山で高校生滑落!登山届無しTシャツ短パン!

物理部と地学部の2泊3日の合宿で起きた悲劇は人災だった?。

報道によると31日午前11時ごろ、新潟県南魚沼市の八海山で男子高校生(17)が滑落したと、引率の教諭から119番がありました。

高校生は約80mの距離に滑落しているところを2時間後に消防隊員によって心肺停止の状態で発見されますが、周囲の地理的な原因によってヘリコプターでの救助を行うことができず、1日の朝に病院へ搬送される見通しです。

また、一部報道によると登山届は提出されておらず、消防によると、男子生徒はTシャツとひざ丈ほどのズボン姿だったとのことで、引率教員の認識の甘さが問題視されています。

事故の経緯や原因を調査しました。

地学部と物理部の合同合宿

事故が起きたのは日本大豊山高校の物理部と地学部の二泊三日の合同合宿の最中。

計17人で登山をしている途中、6合目(1370m)付近で後方を歩いていた生徒の一人が滑落しました。

清酒八海山 製造元:八海醸造株式会社 販売元:株式会社八海山 公式サイト 大吟醸酒・清酒・焼酎・梅酒・あま酒・酒粕・八海山泉ビールなどの商品案内 企業情報 新潟県南魚沼の地域紹介

県警などによると、高校生は日本大豊山高(東京都文京区)の3年生で、物理部と地学部の2泊3日の合宿で30日から八海山を訪れていた。事故当時、両部員ら計17人で登山していた。6合目の標高1370メートル付近で滑落したとみられる。

全文を読む<毎日新聞>

登山届は提出されておらず

朝日新聞の報道では登山届が提出されていなかったこと、そして滑落した男子生徒はTシャツとひざ丈ほどのズボン姿という登山には全くふさわしくない格好をしていたことが分かりました。

この規模の人数で難易度の高い登山を行うというのに登山届がないというのはどういうことでしょう。生徒の服装などからも指導や安全管理が不十分だったことが伺えます。

今後は引率教員の責任なども問題になるでしょうし、ネットでは引率教員の認識の甘さを指摘する意見が多く寄せられていました。

同署や同校によると、男子生徒は30日から3日間の日程で地学部と物理部の合同合宿に参加。31日は地層の観察などを目的に、生徒14人と引率教諭、OB2人の計17人がロープウェーで4合目まで登った後、9合目の小屋をめざしていた。男子生徒は列の後方を歩いていたとみられる。

登山届は提出されておらず、消防によると、男子生徒はTシャツとひざ丈ほどのズボン姿だったという。

全文を読む<朝日新聞>

ネットの反応

登山届けないとか、あり得ない。

服装からすると靴とかでなくサンダルではないのか。

管理がメチャクチャ責任重大

登山届が出ていない時点で、これは学校に責任があるね。

なんとか助かって欲しい

これは人災

ある程度の山への登山は登山計画書提出を義務化したら?