【積水ハウス】海喜館の不動産取引で地面師に嵌められ63億円が闇に!

不動産のプロ「積水ハウス」が地面師に嵌められた?

本日発表された積水ハウスの「分譲マンション用地の購入に関する取引事故につきまして」という資料は、同社が不動産取引で地面師と呼ばれる詐欺師に63億円もの大金を騙し取られたことを説明するものでした。

「地面師」とは土地や建物の持ち主が知らないうちに本人になりすまして不動産を勝手に転売して代金をだまし取ったり、担保に入れて金を借りたりする詐欺グループ。

積水ハウスが騙し取られることになった不動産は地面師などの間では有名な物件である東京・西五反田の「海喜館」だと考えられ、ネットでは「やっぱやられたか..」「そこは手を出しちゃあかんやろ」と話題になっていました。

事件の経緯や海喜館について調査しました。

63億円支払い済み!当社は何らかの犯罪に巻き込まれた可能性が高い

積水ハウスが購入したのは東京都内の土地2000㎡

70億円の購入代金のうち63億円をすでに支払いましたが、所有者側の提出書類に真正でないものが含まれていたことから所有権移転登記は行われず、それ以降所有者側との連絡が取れない状況になっているとのことです。

いわゆる「地面師」の罠にまんまと引っかかってしまったわけですが不動産のプロである「積水ハウス」が何故こんな失敗をしてしまったのでしょうか。

当社が分譲マンション用地として購入した東京都内の不動産について、購入代金を支払った にもかかわらず、所有権移転登記を受けることができない事態が発生いたしました。顧問弁護 士と協議のうえ、民事・刑事の両面において鋭意対応しておりますが、その概要について以下 のとおり説明いたします。 本件不動産の購入は、当社の契約相手先が所有者から購入後、直ちに当社へ転売する形式で 行いました。

購入代金の決済日をもって、弁護士や司法書士による関与の下、所有者から契約 相手先を経て当社へ所有権を移転する一連の登記申請を行ったところ、所有者側の提出書類に 真正でないものが含まれていたことから当該登記申請が却下され、以降、所有者と連絡が取れ ない状況に至りました。 当社は何らかの犯罪に巻き込まれた可能性が高いと判断し、直ちに顧問弁護士によるチーム 体制を組織のうえ、捜査機関に対して被害の申入れを行い、その捜査に全面的に協力すると共 に、支払済代金の保全・回収手続に注力いたしております。

なお、以上の件にともなう公表済みの平成30年1月期業績予想の修正はいたしません。 今般、関係者の皆さまには多大なご心配をお掛けすることとなりましたこと、心よりお詫び 申し上げます。この度の件を受け、不動産取引ルールの再点検等を実施しており、今後も再発 防止の徹底に努めてまいります。 本件につきましては、捜査上の機密保持のため、これ以上の詳細の開示は差し控えさせてい ただきますので、ご了承の程宜しくお願い申し上げます。

【概要】

・対象不動産 東京都内 地積約 2,000 ㎡

・購入代金 70 億円(支払済:63 億円)

・売買契約日 平成 29 年 4 月 24 日

・決 済 日 平成 29 年 6 月 1 日

・所有権移転登記申請が却下された日 平成 29 年 6 月 9 日

全文を読む<8/2開示>

積水ハウスが購入しようとしていたのは謎多き「海喜館」

登記情報などから積水ハウスが手を出していた物件は「海喜館」という営業実態不明の旅館であることが分かっています。

JR五反田駅から歩いて5分。目黒川沿いにこの旅館はみえてくる。まわりには高層のオフィスビルやマンションが建ちならび、ここだけは「時間がとまった」かのような風景だ。はたして海喜館はいつの時代から営業をはじめ、本当に泊まれるのか、誰も知らないという「謎の旅館」として知られていた。別名「怪奇館」とも呼ばれ、長らく営業の実態はなかったようである。

所有者はIKUTA HOLDINGS株式会社となっています。

この会社が「売買予約」の仮登記をつけた同し日に積水ハウスはその移転請求権の仮登記をうつけていたのですが、「売買予約」をした相手は権利者になりすました「地面師」だったのです。

ネットの反応

この旅館の記事めっちゃおもろいな 

こんな大手企業でも騙されるのか

67億円ってやばいな

まだ地面師なんていたのか

ここ今でも泊まれるだろ?

0億なんて持ち逃げ無理でしょww