【須藤凛々花】神戸ライブの謝罪全文!「茶番劇かよ」「感動した!」

NMB卒業後はドイツに留学して博士号を取ると発表した須藤凛々花さん。

総選挙で突然「結婚する」と発表し物議をかもしていたNMB48の須藤凛々花さん。 8月末をもってグループを卒業する須藤の...

6日に行われた神戸でのライブで6月の結婚宣言についての謝罪を行いました。

謝罪の様子や発言などをまとめました。

私は自分のケツも拭けない非力な人間で..

リーダーの山本彩に話を振られた須藤。

声を震わせ、涙しながら、須藤が謝罪を始めました。

途中メンバーの木下百花が「聞きたかったのは、ごめんなさいじゃない」と割り込むシーンもありました。

以下は完璧ではありませんがやりとりの文章です。

山本

もう1人聞きたいメンバーがいるので聞きます、、凜々花

一緒にコンサートできるの最後だと思うので話を聞かせてください。

須藤

今、こうしてここに立てているのはNMBのみんなのおかげです。

NMBのみんなというのはメンバースタッフ、そして、NMBのことが好きな皆さんです。

私はスゴイことをしてしまい、そのせいであの場をフォローしてくれた

NMBメンバーが叩かれたり、NMBはそういうグループなんだと、

大切にしてきたNMB48を傷つけてしまいました。

でも、全部傷つけてしまったのにこういう場で立たせてくれて、

今までと変わらず接してくれて、1人の人間として接してくれて、

本当にごめんなさいと、本当に大好きです。

私は自分のケツも拭けない非力な人間で、

こんなNMBがぐらっとしているのではないかというような状況で辞めていくんですけど、

私はNMBで入ることができて幸せで、

NMBには嘘はなくて、

NMBに命をかけるというのはやめるから嘘ではなくて、

私のこれからの人生で証明していきたいと思います。

時間がかかるかもしれないですけれど、NMB48は最高だということを証明していきたいです。

NMBの人たちは本当に最高です。

ビジネスとかアイドルとか抜きにして最高で。不器用なところはあるけれど、

世界で一番幸せになって欲しくて。

私が言える立場ではないかもしれないですけど、NMB48のことをよろしくお願いします。

山本彩

こうして皆さんの前で言葉を伝えることができなかったので、今回こういう形になりました

あの場にいないメンバーもいて、私もそうだったんですけど、

初めは理解できなくて。アホやろっと思ってて、、。

木下

聞きたかったのは、ごめんなさいじゃない!!

わかりやすくいうとフラれた気分になってて。絆を感じてて、本当の愛を感じてたのにフラれたように思っちゃって!

でも、私が言いたいのは君の謝罪は聞き飽きた。

メンバーが辛そうな姿は見たくない。

「ごめんなさい」とずっと言ってるのを聞きたくなくて、

あなたがいた、須藤さんがいた、NMBでいた時間は全部大事。

ただ謝られるのとか謝って卒業とか言われても納得できなくて、

卒業発表も軽く言ったけど、本当は手も震えてた。

だからNMB48を応援してくれた人も離れたかもしれないけど、

これからも好きでいてくれる人たちのことを後悔させたくないし、

須藤さんも後悔して欲しくない。

NMB48に関わった人のことを後悔して欲しくない。

NMB48のこれからを信じて幸せになってください!

みんな幸せになってね。須藤さんと幸せになってね

須藤

電話かけてきてくれてありがとうございました

木下百

電話なんていつでもかけれるよ。

キッズ携帯だから笑

山本彩

もちろん、初めは不安だったけど、凜々花のことをほってはおけなくて。

それは凜々花がNMB48に捧げてくれたNMB愛があるから。

凜々花が色鮮やかにしてくれたから。

でも、凜々花が卒業して崩れるようなグループではないと思います。

ていうか、崩れさせへんし!

木下百

ていつか、さや姉辞めんの? やめんといて!

山本彩

やめる人が何言ってんの?

昨日もフラグビンビンに立てて。私はNMBをまだやめません

ネットの反応

感想して鳥肌たった!

美談にすんなよ

本当にNMB愛があったら恋愛してないだろww

こんな茶番でファンは納得できるのかなぁ。

なにこの台本芸

綺麗事を並べてスキャンダルのまくひきにするつもりなら、MNBの体質を今後も問われるのは覚悟するしかないのでは?

すごいことでなく、ひどいことをした。