【TBS社員】危険ドラッグRUSHを女性の顔にかけ逮捕!名前を特定!?

TBS社員が女性の顔に危険ドラッグをかけてケガをさせた。

最低な事件です。報道によるとTBS社員の男性(51)が都内のホテルで30代の女性の顔に液体状の危険ドラッグ「RUSH」をかけて全治一週間のケガをさせたとして、書類送検されました。

これほどの犯罪を犯してまで実名報道されないのはテレビ局の人間だからなのでしょうか?

逮捕されたTBS社員について調査しました。

過去にも使ったことがあり、フランス出張で日本に持ち込んだ

女性の顔に危険ドラッグをかけ全治一週間のケガ。

酷い話です。全治一週間とありますが傷跡などの後遺症が残ってしまったどう責任を取るつもりなのでしょうか?

 警視庁によると、書類送検されたTBSテレビの社員の男は今年4月、都内のホテルで30代の女性の顔に危険ドラッグとみられる液体をかけ、全治1週間のケガをさせた疑いなどが持たれている。

また、警視庁がTBSテレビなどを捜索したところ、会社のロッカーなどから危険ドラッグ「RUSH」の小瓶数本が見つかったという。

調べに対し男は、RUSHの所持については「過去にも使ったことがあり、フランス出張で日本に持ち込んだ」と容疑を認める一方、女性に液体をかけケガをさせたことについては「故意でかけたわけではない」と一部否認しているという。

全文を読む<日テレ>

危険ドラッグRUSH(ラッシュ)とは?

かつては脱法ドラッグとして有名でしたが、2006年11月に指定薬物となり、輸入および販売等が明確に違法化されています。

亜硝酸エステルを主成分としている「脱法ドラッグ」は、ニトライト系もしくは亜硝酸エステル類と呼ばれ、お香やクリーナー名目で販売されています。気化したドラッグを経鼻摂取し、酩酊感が得られ、オーガズム時に摂取するとその快感が上昇するとされています。著名なものは、今回その主成分である亜硝酸イソブチルが規制対象薬とされたラッシュであり、使用により血圧低下が起こり、循環器に障害を残す場合があります。

なぜ実名報道されない?社員の名前は?

いつも些細な事件でも実名報道するテレビ局がこの件に関しては匿名報道というのは違和感を感じます。

悪質な事件にも関わらずメディア関係者だからという理由で匿名にしているのではないかとネットでは批判が集まっています。

社員が書類送検されたことは大変遺憾に思います。
捜査の結果をふまえて、厳正に対処いたします。

書類送検された社員の名前は?

報道をまとめた分かった情報は以下の2点

  • 役職:TBSテレビのメディアビジネス局担当部長(海外事業部に勤務?)
  • 年齢:51歳

Twitterでは特定したような投稿が出回っていますが真偽を確かめることはできませんでした。

ネットの反応

なぜ、実名を出さない?。

社員の不祥事もだけど、テレビ番組の偏向報道が酷い

メディア内の擁護と受け止められてもこれでは仕方が無いと思います。

偏向報道が酷いと思ったら薬物中毒ですか。

50台のオッサンがする行為とは思えない・・・

TBSの報道番組は当然トップニュースで報道しますよね?