【祝当選】小池百合子新都知事の政策や経歴をまとめてみた!

皆さんこんばんは。今回の東京都知事選挙は、本日9時の時点で無所属の小池百合子氏の当選が確実となり初の女性都知事の誕生が決定しました。
都連執行部に無断で出馬表明をしたことで自民党に絶縁されたり、石原慎太郎元都知事の発言などが世間で話題になりましたが、まずは氏の政策をまとめてみました。
daikaikaku

スローガン:「東京大改革宣言」

  • 都政の透明化
  • 五輪関連予算・運営の適正化
  • 行財政改革の推進
  • 都知事報酬の削減
  • 特区制度の徹底活用

3つの「新しい東京」

1. セーフ・シティ

  • 地域格差ゼロへ
  • セキュリティ強化でテロ対策
  • 住宅の耐震・免震化を進める

2. ダイバー・シティ

  • 待機児童ゼロ
  • 高齢者・障がい者が働ける場所の創出
  • 満員電車ゼロへ
  • 女性が希望を持って働ける社会へ

3. スマート・シティ

  • エコハウス・スマートハウスの補助を強化
  • 都内のガスステーションをエネルギーステーション化
  • 街灯のLED化
  • 東京をアジアNo.1の国際金融市場として復活させる
  • 中小企業・ベンチャー企業の支援

https://www.yuriko.or.jp/senkyo/seisaku/」より抜粋

女性とだけあって、やはり女性の社会進出などに強い都知事となるんじゃないでしょうか。待機児童ゼロなど解決が難しそうな問題も任期中に解決できればいいですね。東京オリンピックについても気になるところです。また、前任、前々任の知事が任期の途中で辞任したこともあり、今回こそはちゃんと任期を全うして欲しいと思う都民の方々も多いのではないでしょうか。

yuriko

次に、カイロ大学の留学や言語能力など、気になる氏の経歴についてまとめてみました。

略歴

小池百合子氏は、1952年7月15日兵庫県芦屋市に生を受けます。その後、甲南女子中学校、甲南女子高等学校を卒業。在学中はテニス部、ソフトボール部、E.S.Sに所属していたそうです。1971年、関西学院大学社会学部に入学するも、「国際連合の公用語にアラビア語が加わる」という新聞記事を見たことをきっかけに氏はアラビア語通訳者を目指します。同年9月に大学を中退しエジプトへ留学、カイロ大学文学部社会学科に入学し、アラビア語を修めました。

大学卒業後はアラビア語の通訳として活動、1979年からはニュースキャスターを務めました。その後政界入りし衆議院議員として8回当選、防衛大臣、環境大臣を歴任しました。

https://www.yuriko.or.jp/profile」より抜粋

都知事を任されるには文句ない経歴と入れるでしょう。ご出身の甲南女子中学校は偏差値61と、とても頭がいいということも伺えます。また、なんといっても気になるのは氏の言語能力でしょう。次の動画を見てみてください。

さすが!英語とアラビア語をとても流暢に話されているのがわかります。日本にこの3言語を話せる方がどれだけいるのだろうと考えれば、すごさがわかりますね!

小池氏は政策がわかりやすく、経歴も十分なので都知事としての手腕も期待ができるといっても過言ではありませんね。また、猪瀬氏、舛添氏では成し遂げられなかった任期の全うもやってほしいですね(笑) 女性の知事は初ということですが、東京都のこれからが気になるところです。