【でりしゃす籠原店】ポテトサラダからO157!溶血性尿毒症症候群とは!?

スーパーのお惣菜コーナー利用者を震えあがらせるような事件です。

報道によると、21日、熊谷市拾六間のスーパー内にある総菜店「でりしゃす籠原店」で購入されたポテトサラダを原因とした腸管出血性大腸菌O-157による集団食中毒が発生したことが分かりました。

同店でポテトサラダを購入した8人の客が下痢や腹痛などを訴え、その内の一人の女児(5)が腎臓の機能が低下する溶血性尿毒症症候群(HUS)を発症し意識不明の重体となっているとのことです。

同店を営業する「フレッシュコーポレーション」は3日間の営業停止を熊谷保健所に命令されています。

O-157が混入した原因や溶血性尿毒症症候群(HUS)について調査しました。

男女計8人が下痢や腹痛などを訴え、6人の便からO157が検出

ポテトサラダを食べた客の便からO-157が検出。

身近な食べ物から0-157..恐ろしい話です。

女児(5)は腎臓の機能が低下する溶血性尿毒症症候群(HUS)を発症し意識不明の重体、さらに他2人も退院のメドが立っていないとのことです。

元気に退院してくれることを祈るしかありません。

埼玉県は21日、熊谷市拾六間のスーパー内の総菜店「でりしゃす籠原店」で腸管出血性大腸菌O(オー)157による食中毒が起きたと発表した

〜略〜

食品安全課によると、7~8日に同店が販売したポテトサラダを食べた客のうち、4~60歳の男女計8人が下痢や腹痛などを訴え、6人の便からO157が検出された。3人が入院中で、女児(5)が腎臓の機能が低下する溶血性尿毒症症候群(HUS)を発症し意識不明の重体。男児(4)と女性(60)も退院のめどは立っていないという。

全文を読む<朝日新聞>

でりしゃす籠原店

美味しい惣菜が近隣に人気なお店だったようです。

こんなニュースが出てしまっては売上が立たないでしょう。

でりしゃす 熊谷店 (籠原/弁当)★★★☆☆3.04 ■予算(夜): ~¥999

溶血性尿毒症症候群(HUS)とは?

O-157への感染を原因として溶血が起き、急性腎不全、尿毒症を発症するようです。

治療法として急性腎不全になった場合は人工透析(とうせき)が必要になります。

昔は死亡率の高い病気だったものの、現在はほとんどの確認で救命されるようです。

型的なHUSは主として小児に発症し、腸管出血性大腸菌(O157など)や赤痢菌に感染した際、菌の出すベロ毒素が腎臓の毛細血管内皮細胞を破壊してそこを通過する赤血球を破壊することで溶血がおき、並行して急性腎不全となり、尿毒症を発症する

成人では、HIV感染、抗リン脂質抗体症候群、分娩後腎不全、悪性高血圧、全身性強皮症、抗がん剤治療(マイトマイシン、シクロスポリン、シスプラチン、ブレオマイシンなど)などにまれに合併することがある。

また家族性HUSと呼ばれるものもあり、HUSの症例の5 – 10%を占める。これは主として補体タンパクのうちH因子、I因子、membrane cofactor protein の変異によるもので、補体系の制御不能な活性化を起こし、再発性の血栓症により高致死率となる。

Wikipedia

ネットの反応

スーパーの惣菜で意識不明って最悪だな

ポテトサラダに?!弁当の付け合わせすら食べられないなあ

これは悲惨。スーパー業界に大打撃。

原因究明して二度と起こらないように してほしい 

もう ポテトサラダは買いたくない

社名のようにフレッシュではなかった

惣菜のポテトサラダ食べて死にたくない!

きゅうりなどナマ物を入れるからだ。