【びわ湖バレイ】不具合で停止し460人が徒歩で下山!原因や画像は?

ロープウェーが停止し700人が山頂に足止め!?

報道によると3日午前9時ごろ、大津市木戸の観光施設「びわ湖バレイ」のロープウェーが不具合により停止し、乗客約700人が打見山の山頂付近に一時足止めされました。

ロープウェーが復旧したのは約10時間後の午後7時頃。

700人の内少なくとも460人は、職員らの誘導で登山道を順次、徒歩で下山したとのことです。

不具合の原因や画像などを調査しました。

乗客約700人が打見山(1108m)の山頂付近に足止め

復旧まで10時間。

乗車中に停止しなかったことが不幸中の幸いでしょう。

3日午前9時15分ごろ、大津市木戸の観光施設「びわ湖バレイ」のロープウェーが止まり、乗客約700人が打見山(1108メートル)の山頂付近に一時足止めされた。滋賀県警によると、午後になって少なくとも460人は、びわ湖バレイ職員らの誘導で登山道を順次、徒歩で下山した。びわ湖バレイによると、京都市の60代男性が足の痛みを訴え、病院に運ばれた。

全文を読む<朝日新聞>

不具合の原因は?老朽化?

9月3日に発生した弊社ロープウェイの不具合に関するお詫び

9月3日(日)午前9時17分にロープウェイ設備に不具合が発生し、安全点検のために運行を中止しております。現在、原因究明ならびに処置を行っておりますが、復旧にはしばらく時間がかかる見込みとなっております。お客様には、多大なるご不便とご迷惑をおかけしておりますこと、心よりお詫び申しあげます。
ロープウェイの運行再開につきましては、安全の確認ができ次第、改めてご案内させていただきますので、復旧まで今しばらくお待ちくださいますよう、お願い申しあげます。

2017年9月3日 18:00
びわ湖バレイ株式会社

9月3日に発生した弊社ロープウェイの不具合に関するお詫び 9月3日(日)午前9時17分にロープウェイ設備に不具合が発生し、安全点検のために運行を中止しております。現在、原因究明ならびに処置を行っておりますが、復旧にはしばらく時間がかかる見込みとなっております。お客様には、多大なるご不便とご迷惑をおかけしておりますこと、...

公式サイトに不具合に関する情報が発表されていましたが、原因はまだ調査中とのことです。

老朽化が原因ではないかという指摘がネットでは多いようですが、Wikipediaの情報によると現行のロープウェーは2008年から操業しているようです。

10年近く運用されている訳ですから確かに老朽化も心配ですね。

2008年1月26日に老朽化したゴンドラリフトを121人乗りの大型ロープウェイに切り替える予定であったが、諸般の事情により延期となり2月9日から営業を開始した。この現行ロープウェーは日本最速[2]の秒速12m(時速43.2km)の運行が可能で、所要時間は約3分半にまで短縮された。但し、展望観覧のため速度を落として運行する場合があり、この場合、秒速7m(時速25.2km)での運行となる。

2005/06年シーズンまでは、毎週土曜日にオールナイト営業を行っていたが、2006/07年シーズン、2007/08年シーズンは休止している。以降に再開されるのかどうかについては、まだ発表されていない(2008年2月現在)。

Wikipedia

ネットの反応

災難だ

こういうところのロープウェイもそろそろ老朽化ラッシュの時期か?

軽装だったら下山はつらいぞ

あのリフトの距離を下山するなんて辛いと思うわ。

これらお年寄りにはきつい

最近人気でお客さんよく入ってたのにマイナスイメージ付いちゃったね。