【市川猿之助】ワンピース歌舞伎で左腕骨折!原因の「スッポン」とは?

市川猿之助さんが歌舞伎で昇降装置に衣装を挟んで左腕を骨折したというニュース。

事故が起きたのは東京都中央区銀座6丁目の新橋演舞場での「スーパー歌舞伎II(セカンド)ワンピース」の公演中。

猿之助さんは終演後のカーテンコールで、花道にある「スッポン」と呼ばれるセリで舞台下に降りる際に衣装が装置に挟まれたとのことです。

「スッポン」がどういうものなのか?過去の事故などを調査しました。

衣装が装置に挟まれ

命に別状はないようです。

骨折ですんで本当に良かった、、。

築地署などによると、猿之助さんは9日午後3時20分ごろ、終演後のカーテンコールで、花道にある「すっぽん」と呼ばれるセリで舞台下に降りる際に衣装が装置に挟まれたという。同公演は人気漫画「ONE PIECE」を歌舞伎にした演目で、猿之助さんは主演と演出を務めている。

スッポンとは?

「すっぽん」は役者を登場させるための昇降装置。

昔は人力でしたが、今は機械で動かしているようです。

衣装が絡まったら大事故になることは簡単に想像がつきます。

花道(はなみち)」の付け根あたりにある、小さな「セリ」のことをさします。幽霊・妖怪・動物の精や妖術使いなどの非現実的な役が登場するときに使用され、それらの役がこつ然と現れたような印象を与える効果があります。俳優のせり上がってくる様子が、スッポンが首を出す様子を連想させるため、この名が付いたともいわれています。
映像は『伽羅先代萩(めいぼくせんだいはぎ)』「床下の場(ゆかしたのば)」における仁木弾正(にっきだんじょう)の登場シーンです。弾正は鼠の妖術を使うという設定であるため、「スッポン」から登場します。

過去には市川染五郎さんがセリから落ちるという事故もありました。

東京・国立劇場で市川染五郎さんが舞台から奈落に落ちてけがをした事故。その舞台の「奈落」についてのまとめです。

また宝塚でも昇降装置にからむこんな悲劇が、、。

【胴体切断】タカラジェンヌ・香月弘美 悲劇の死のまとめ

歌舞伎の舞台装置の安全性はもう少しどうにかならないものかと思ってしまいます。

ネットの反応

左腕骨折って。主演だし。大丈夫か?

昇降装置とか危ない。

命に別条がなくてよかったとしか言いようがない。

速報見て咄嗟に宝塚の事故思い出したよ

解放骨折ってテレビで言ってたけど、どれほどの大きな力だったのだろう

機械に巻き込まれる事故は、過去のにもあったけど、安全装置や、カバーなどはつかないのかな?