いつまでそのバイトで消耗してるの??バイトの辞め方

辞めたくても辞められない..

高校生や大学生になってバイトの辞め方で困るという経験は多くの人がしているのではないでしょうか?
今までお世話になったゆえに辞め辛いならまだしも最近は不安を煽る言葉で脅してなかなかバイトを辞めさせてくれないブラックバイトが社会問題になっています。
まずは記事を読んでアルバイトの雇用に関する正しい記事を身につけてください。
あなたがキッパリとバイトを辞める手助けになれれば幸いです。

アルバイトと民法

雇用期間に特に定めがない場合アルバイトを辞めるためには2週間前にその旨を伝えれば良いとされています。
これは民法627条の1項目目に定められている労働者の権利です。
どんな理由があったとしても2週間前に辞めると伝えていれば辞める権利があります。
シフトがいないからとか変わりの人を探して来なければ辞めさせないと脅されるケースが多いようですが店側にそのような権利は一切ないということを知ってほしいです。

第627条
  1. 当事者が雇用の期間を定めなかったときは、各当事者は、いつでも解約の申入れをすることができる。この場合において、雇用は、解約の申入れの日から二週間を経過することによって終了する。
  2. 期間によって報酬を定めた場合には、解約の申入れは、次期以後についてすることができる。ただし、その解約の申入れは、当期の前半にしなければならない。
  3. 六箇月以上の期間によって報酬を定めた場合には、前項の解約の申入れは、三カ月前にしなければならない。

では次に労働契約書などで雇用期間をはっきりと決めている場合に辞めたい場合はどうするか?
これは民法628条に定められています。
やむを得ない事情があれば直ちにバイトを辞めることができると書いてあります。この場合は2週間前から申告する必要は全くありません。
やむを得ない事情は人それぞれですが例えば”親の転勤で引っ越す“だとか”学業との両立が困難になってしまった“なども”やむを得ない事情”です。難しく考える必要はありません。

第628条
当事者が雇用の期間を定めた場合であっても、やむを得ない事由があるときは、各当事者は、直ちに契約の解除をすることができる。この場合において、その事由が当事者の一方の過失によって生じたものであるときは、相手方に対して損害賠償の責任を負う。

それでも辞めさせてくれない

今辞められたら大損害なんだよ。裁判起こして損害賠償請求するぞ
労働契約書違反で訴えるよ!就活に響くよ
などとさらに脅して来るたちの悪いブラックバイトが存在します。
ここまで読んでくれたあなたは店側のその主張全くでたらめで筋の通らない話ということが分かったと思いますがいざ言われてしまうと言い返せなくて泣き寝入りするケースが多いのが現実です。

相談しよう

まずは親に相談しましょう。
きっと親身になってくれるはずです。
それでもダメな場合、最終的には労働基準監督署に相談しましょう。
労働基準監督署はアルバイトなどの雇用問題に対応する国の機関です。
さすがに店側も労働基準監督署の勧告を受けることだけは避けたいでしょうから辞めることができるはずです。

参考リンク

民法627条