【セブンシェア自転車5000台】スイカで決済可能!使える店舗や料金は?

自転車貸出や返却の拠点がコンビニに!?

セブンイレブンがソフトバンクと連携し発表したシェア自転車サービスが大きく話題になっています。

セブンイレブンの発表によると、2018年度末までに首都圏や地方都市の1000店に5000台のシェア自転車が設置されるようです。

来客数増加を狙いとしたサービスですが、貸出の仕組みも交通系ICカードを決済方法に採用しており、ネットでは「かなり便利だ」と期待が寄せられているようです。

決済の仕組みや使える店舗や料金について調査しました。

交通系ICで事前予約無しに決済可能!

さすが店舗数日本1位のセブンの強みを活かしたサービスです。

一度会員登録してしまえば事前予約無しにスイカやパスモをかざすだけで自転車が借りられるというのはかなり便利な気がしますね。

”借りた場所とは別の拠点に返却も可能”というのもポイントですね。

特に店舗数の多い都内などでは気軽に借りることができるでしょう。

 ソフトバンクと子会社のオープンストリート(東京・港)が共同で手掛けるシェア自転車サービス「ハローサイクリング」と連携する。利用者は会員登録をして、スマートフォンなどから利用したい場所付近の駐輪場を検索し、利用の予約をする。「スイカ」や「パスモ」など交通系のICカードを登録すれば、それぞれのカードを解錠機にかざせば、事前予約なしですぐ利用することができる。

料金は地域や利用時間によって異なるが、15分60円がメインだ。登録したクレジットカードで決済し、店頭などでの支払いは不要。自転車は借りた場所と違う拠点に返却することもできる。

 セブン―イレブン・ジャパンはソフトバンクと組み、コンビニエンスストアをシェア自転車の貸し出しや返却の拠点にする。月内にさいたま市内の9店で始め、エリアを順次拡大する。2018年度末までに首都圏や地方

設置店舗や値段は?

設置店舗は?

月内にさいたま市内の9店で始め、エリアを順次拡大する。

、と発表されています。

都内全域で使えるようになるのはまだまだ先みたいですね。

実はセブンは既に一部地域に限定したシェア自転車サービスを展開しています。

雰囲気を知りたい方はこちらを試してみるといいかもしれません。

値段は15分60円がメイン

値段は地域によって若干異なるとのことですが、基本は15分60円だそうです。

かなり良心的ではないでしょうか?

一時間使っても240円です。

普段自転車を頻繁に利用しない方ならば自転車を買わずに必要な時だけ近場のコンビニでレンタルする、という使い方もありですよね。

ネットの反応

便利だとは思いますが、自転車のメンテナンスは誰がやるのか?店員の負担がさらに増えるのでは?という問題点も指摘されているようです。

本格的に導入が進む一年後までに課題を克服してもらいたい所です。